がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

25.抗がん剤・分子標的薬

大腸がんで使われるロンサーフの効果と作用、副作用

更新日:

ロンサーフ

ロンサーフ(一般名:トリフルリジン)は日本で開発された大腸がん向けの抗がん剤です。

薬の効果を確認する臨床試験で全生存期間を延長すると評価され。異例の速さで承認されました。2014年5月26日に発売・現場での使用が開始されています。

このロンサーフが適応となるのは「切除不能な進行・再発した結腸がん、および直腸がん」であり「標準的な治療が困難な場合に限る」とされています。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

大腸がんの標準的な治療法とは?

大腸がんの早期の場合は手術が第一選択肢として提案されます。いっぽう、切除ができない進行がん、あるいは再発がんの場合は化学療法(薬を使った治療)が適応となります。

進行大腸がんの場合、2014年時点ではFOLFOX(フォルフォックス)療法や、FOLFIRI(フォルフィリ)療法、XELOX(ゼロックス)療法にアービタックスやアバスチンなどの分子標的薬を組み合わせた化学療法が標準治療となっています。2013年に登場したスチバーガも標準治療の仲間入りをしており、4次治療法までが確立されています。

※FOLFOX=ロイコボリン、5FU、エルプラットの組み合わせ
※FOLFIRI=ロイコボリン、5FU、イリノテカンの組み合わせ
※XELOX=ゼローダ、エルプラットの組み合わせ

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


【大腸がんの化学療法の標準治療とその順序】

・1次治療
XELOX+アバスチン
FOLFOX+アバスチン
FOLFOX+アービタックス
FOLFIRI+アービタックス

・2次治療
FOLFIRI+アバスチン
FOLFIRI+抗EGFR抗体薬

・3次治療
イリノテカン+アービタックス

・4次治療
スチバーガ

ここまでの治療を進めても効果が現れないときの選択肢として「ロンサーフ」が期待されているということです。

ロンサーフはどんな薬か?その効果とは?

少し難しい話になりますが、ロンサーフはDNAに取り込まれることで抗腫瘍効果を発揮するFTDという物質と、体内でFTDの分解を阻害するTPIという物質を配合した抗がん剤です。単なる毒性の強い物質ではなく、がんへの効果をしっかり研究して開発された薬だといえます。

国内で行われたロンサーフの臨床試験は、5FU、エルプラット、イリノテカンなど進行大腸がんで使われる薬を使用してもがんが進行してしまった患者さん(169例)を対象に行われました。

この試験は、ロンサーフを投与した患者さんと、プラセボ薬(効果のない物質)を投与した患者さんの予後を比較するものでした。その結果、ブラセボを投与した場合の全生存期間は6.6か月。ロンサーフを投与した場合は9.0か月という平均値が出ました。

これによってロンサーフは進行大腸がんにおいて、既存の薬を使って効果がなかった患者にも有益であると判断され、承認に至ったのです。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


ロンサーフの投与方法

ロンサーフの対象になるのは、それまでの標準治療で効果が現れない人です。つまり上記の標準治療1次~4次を受けてもがんの抑制ができなかった人だといえます。なぜこのような順序になるかというと、ロンサーフは発売から歴史が浅く、医師にも投与経験がありません。大きながん拠点病院で慎重に使いつつ、経過を見ていく必要があるのです。

なお、ロンサーフは経口薬なので口から飲んで服用します。服用のパターンは複雑なので、必ず医師から説明を受け、そのとおりに服用するようにしましょう。

ロンサーフの副作用とその対策

臨床試験の結果では、血液に対する副作用、つまり血液毒性が確認されています。具体的には好中球減少が50.4%、白血球減少が28.3%、貧血が16.8%、リンパ球の減少が9.7%です。

この副作用は投与後3週間ほどしてから多発するようです。重篤な状態になると休薬したり、中止せざるをえなくなります。そのため定期的に血液検査を行い、値を確認しながら進めることになります。

また、血液毒性のほかに下痢や悪心、嘔吐、食欲減退などもあります。これは投与直後から2週目あたりによく起きるという報告があります。しかしこれらの症状は比較的軽く、重篤な症状を起こした人は少なかったとされています。

従来の抗がん剤の副作用に比べると、比較的軽微だといえますが、まだ実証が少ないために今後の経過を慎重にみていかなければなりません。特に投与の初期段階では医師も患者も慎重に進め、何か兆候があれば報告・相談をしっかりと行うことが大切です。

ロンサーフの今後の展開

最初は効果や副作用をきちんと把握し、記録するために単独での使用になりますが、将来的にはロンサーフとイリノテカンを併用するなど、他の薬と組み合わせた使用法が検討されるようになります。さらに、ロンサーフが効きやすい特徴があるかどうかを事前に把握するためのバイオマーカーについても調査が始まっています。

以上、ロンサーフについての解説でした。

私がサポートしている患者さんでもロンサーフをつかいはじめた人はいます。従来の抗がん剤に比べると効果を発揮しやすく、副作用は少ないですが、それでも「がんを治す薬」ではありません。

「どのようにして大腸がんと闘うのか」については総合的な取り組みが必要です。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-25.抗がん剤・分子標的薬
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.