がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

18.卵巣がん

卵巣がんで使われるリムパーザ(オラパリブ)の効果と副作用を分かりやすく解説

更新日:

がん専門のアドバイザー、本村です。

リムパーザ(一般名:オラパリブ)は再発卵巣がん向けの治療薬として2018年に承認された薬です。

開発~販売元はアストラゼネカ社になります。この薬の効果や副作用について分かりやすく解説したいと思います。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

どんな状況で、どんなタイプの卵巣がんに対して使われるか?

公式には、「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法」に効果があるとしてリムパーザは承認されています。

つまり「再発のある卵巣がんに対して、すでにプラチナ系の抗がん剤(シスプラチン、カルボプラチンなど)を利用しており、効果がみられた患者さん」が対象だということです。

「維持療法」とは、分かりやすくいうと「これ以上進行させないための治療」です。

がんを消す、がんを殺すというよりも「これ以上の進行を止める、あるいは一定の縮小を狙う」ための薬であることが分かります。

再発卵巣がんの治療薬や組み合わせは数多くありますが、リムパーザ(一般名:オラパリブ)は今までのラインナップに新たに加わった薬だといえます。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


リムパーザの特徴

卵巣がんで初めて使われる「PARP阻害剤」であることが大きな特徴です。

PARPとは何か、ということまで理解しようとすると遺伝子に関する複雑な話になりますが、簡単にいえば「損傷したDNAを修復するPARPという酵素の働きを阻害することで、がん細胞の増殖を抑制する」という作用により、がんの増殖を止めるための薬です。

患者サイドとしてはそういう作用の薬だ、ということを理解しておけばよいと思います。

リムパーザの効果(臨床試験の結果)

リムパーザが承認されるきっかけとなった試験は以下の2つです。

SOLO-2試験

BRCA遺伝子変異陽性プラチナ製剤感受性再発卵巣がん、卵管がんおよび原発性腹膜がん患者さんを対象としたリムパーザ錠の単剤維持療法としての有効性をプラセボ(偽薬。効果のない偽の薬)と比較評価することを目的とした試験です。

対象は295名で、最低2レジメン(2つの組み合わせ)のプラチナ製剤ベースの化学療法による前治療を受け、完全または部分奏効を示した生殖細胞系列のBRCA1またはBRCA2遺伝子変異が確認されている患者さんを無作為に「リムパーザ群」と「プラゼボ群」に分類し、薬を投与した場合としなかった場合の比較をしています。

結果、リムパーザ群とプラセボ群のPFS中央値において約2年の差を示しました。

PFSとは「治療中(治療後)にがんが進行せず安定した状態である期間のこと」です。一般的には「無憎悪生存期間」と呼ばれます。

つまりこの試験では、結果として「平均して2年間、進行せずに状態を維持できた」ということがいえます。

試験19

この試験は、「高悪性度再発卵巣がん患者さん」を対象としてリムパーザの有効性と安全性を比較評価することを目的とした試験です。

対象は265名で、BRCA遺伝子変異の有無を問わず、最低2レジメン(2つの組み合わせ)のプラチナ製剤ベースの化学療法による前治療を受け、かつそれが直前のレジメンであるプラチナ製剤感受性の再発卵巣がん患者さんを無作為に割り付け、「リムパーザ群」と「プラゼボ群」に分類し、薬を投与した場合としなかった場合の比較をしています。

この試験の結果、以下のことが報告されています。

・死亡までの期間がリムパーザ群は13.3か月。プラセボは6.7か月。
・全生存期間(OS)はリムパーザ群の中央値が29.8か月。プラセボは27.8か月。
・リムパーザ治療群の患者さんの13%が、5年間以上病勢進行を示さず治療を継続した。

※全生存期間とは=治療開始日から患者さんが生存した期間。

上記2つの試験の結果により、再発卵巣がんにおいてリムパーザは有効と判断されて承認されるに至りました。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


リムパーザ(一般名:オラパリブ)の副作用の内容と頻度

SOLO-2試験で確認された副作用

リムパーザ群195人(日本人8人を含む)のうち、180人に副作用が認められました。

主な副作用は、悪心130例 (66.7%) 、貧血76例 (39.0%) 、疲労58例 (29.7%) 、嘔吐50例(25.6%) 、無力症47例 (24.1%) 、味覚異常45例 (23.1%) です。

試験19で確認された副作用

リムパーザ群136人中122人に副作用が認められました。

主な副作用は、悪心87例 (64.0%) 、疲労59例 (43.4%) 、嘔吐29例 (21.3%) 等でした。

なお、重大な副作用として、骨髄抑制 (貧血、好中球減少、白血球減少、血小板減少、リンパ球減少等) 、間質性肺疾患があらわれることがあります。内容と発生確率は以下のとおりです。

【重大な副作用】

1.骨髄抑制:貧血 (29.3%) 、好中球減少 (9.7%) 、白血球減少 (9.4%) 、血小板減少 (8.8%) 、リンパ球減少 (2.4%) 等があらわれることがあります。

2.間質性肺疾患:間質性肺疾患が起きる確率は0.6%です。

投与のしかた

成人には300mgを1日2回、経口投与するのが基本です。経口投与=錠剤のため口からカプセル形態の錠剤をのむということです。

なお薬の量や回数は患者の状態により減量されることがあります。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-18.卵巣がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.