がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

31.民間療法の研究

ルシャンのマンツーマン式精神療法|がん患者さんの精神的な療法

更新日:

がん患者さん向けの「民間精神療法」の有名なものの1つに、研究者であり臨床心理学者であるローレンス・ルシャン氏が、がん治療の補助的なものとして考案した「マンツーマン式精神療法」があります。

ルシャン氏はその2冊の著書の中で、自分が精神療法を施行することによって、進行性・転移性がん患者でがんの退縮、延命効果、生活の質の向上といった効果を示し得ることを説明しています。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

ルシャン氏はシカゴ大学で博士号を取得した後、1952年からニューヨークの応用生物研究所で臨床研究を始め、様々な心理学雑誌にその研究論文を投稿しています。

長年にわたり彼の研究の中心課題は「性格的因子、心的外傷をもたらすような大事件、及びがんの発病・進行との相関関係」を追求することでした。

つまり、精神的な影響、思考や性格の影響が、がんの発病や進行に関係があるのか?を追求することでした。

初期の研究では、「がんにかかりやすい性格」に焦点をあて、性格と様々な出来事の相互作用により、がんを防御するメカニズムが低下し、その結果がんにかかりやすくなるとしています。

ルシャン氏が1989年の著書「転機としてのがん(Cancer as a Turning Point)に記した精神療法は、患者1人ひとりが持つ創造力・治癒力を見出すことが大切だという趣旨です。

彼が提唱しているのは「個人特有の人生の歌を見つけて表現する」、「人生において感激や喜びがなくなってしまった原因を探る」ことが大切だということです。

ルシャン氏は、この方法を患者が過去を探求し、本来備え持つ、あるべき生き方を全うできない原因を分析するための自己分析・発展の1プロセスとして位置づけています。

患者ががんを人生の転機としてとらえることができるよう、その方法を探ったルシャン氏は、こうした自己啓発を行い自己を充実させる道を次のように説明しています。

「この人にとって何が正しいのか。自分らしい在り方、対人関係、創造性とはどんなものか。

その人の人生の根底に流れているのはどんな音楽で、どんな歌を唄えば嬉々として朝を迎え、また心安らかに眠りの床に就くことができるのか。

どんなライフスタイルが心の沸き立つような喜び、感激、連帯感を与えるのか。

どう取り組めば本来のあり方、対人関係、創造性を発揮できるのか。何が知覚・表現を妨げているのか。

どう取り組めばこうした方向に進み精神療法など必要としないような充実した喜びに満ち溢れた生活を送ることができるのか」。

ルシャン氏は、彼の精神療法を受けることで腫瘍を退縮させ延命効果を得るがん患者がいると説明しています。彼の見解をまとめると次のとおりです。

「約20数年前にこの方法を体得してから、絶望の淵に立たされた末期患者の約半数が長期緩解を得、今も健在である。

それ以外の患者の場合も医学的予想を上回る延命を得ている。ほとんどの患者が人生の「色彩」や感情を改善し、人生の最後を治療前よりはるかに興奮に満ち興味深いものにできたと痛感している」。

ルシャン氏は精神療法によって免疫機能が変化し得るとした上で、自分のやり方によって腫瘍の増殖を阻止・退縮させることもできると述べています。

自分本来の人生を生き抜くことができるという希望を取り戻すことで、身体に備わったがん防御機構が従来の力を取り戻していく、ということを彼は伝えています。

まとめ

精神的なストレスは身体にも様々な影響を与えます。一般的な例でいうと、円形脱毛症をはじめ、ストレスで胃に穴が空く、ということが実際に起ることは多くの人が知っています。

それががんにどこまで影響するのか?というのはルシャン氏の報告・研究だけでは統計的なことは言えませんが、精神的に前を向くこと。前を向くのが難しくても平常心を保つことが重要なことであることは確かです。

彼の提唱する理論で興味深いのは「個人特有の人生の歌を見つけて表現する」という点です。

好きな音楽を聴く、好きな歌を歌う、ということがとても気持ちのよいことであることは誰もが理解できることですし、すぐに実践できることです。

がんが消えてほしいから聞く、というスタンスよりも、純粋にただ好きな音楽を楽しむ、ということはとても良いことだと思います。辛い状況のなかでも、そういう時間を少しでも意識して持つことで、気持ちの落ち着きや命や人生の喜びを得られるのではないか、と思います。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-31.民間療法の研究
-, ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.