02.がんについて 33.化学療法レジメン

乳がん TC療法(DTX+CPA)の奏効率(効果)、生存率、副作用と対策は?

【レジメン】 DTX(ドセタキセル:タキソテール)=75mg/m2:点滴静注(1時間) CPA(シクロホスファミド:エンドキサン)=600mg/m2:点滴静注(30分) 【前投薬】 ①5-HT3受容体拮抗薬(Day1) ②デキサメタゾン9.9mgIV(Day1),8mgPO(Day2~3) 基本事項 【適応】 [術後化学療法] ・StageI~Ⅲの症例に推奨される ・腋窩リンパ節転移陽性、陰性にかかわらず効果が期待できる ・アントラサイクリン系薬剤が使用できない患者や心毒性が懸念される患者に適している 【 ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療 遺伝子パネル検査はどの病院で受けられるのか

2022年時点で遺伝子パネル検査が保険適用の対象となるのは、標準治療では効果がないか、終了した場合、もしくは終了する見込みの固形がんの患者になります。 遺伝子パネル検査を受けられるのは、全国のがんゲノム医療中核拠点病院、がんゲノム医療拠点病院、がんゲノム医療連携病院のいずれかになります。 検査を受けることになった場合、患者のがん組織と血液の両方、もしくはいずれかを検 査機関に送り、対象の遺伝子を解析します。 患者が同意した場合は、国立がん研究センターの「がんゲノム情報管理センター」に検査の解析データと患者 ...

ReadMore

腫瘍溶解性ウイルス

02.がんについて

がん治療における「腫瘍溶解性ウイルス」とは?その仕組みを解説

そもそもウイルスとは? ウイルスは細菌よりもはるかに小さく、生きた細胞(宿主)のなかでしか増殖できません。 細胞に感染して侵入すると、そこでウイルス自身の設計図であるDNAやRNAを放出し、細胞を乗っ取って新しいウイルスを次々と増やします。 こうしてできた新しいウイルスが細胞の外へ広がり、ほかの細胞にも感染して増殖を繰り返す、という仕組みです。 がん治療で注目を浴びている「腫瘍溶解性ウイルス」はウイルスの仕組みを利用してがん細胞をせん滅させるためのものです。 腫瘍溶解性ウイルスの特徴 腫瘍溶解性ウイルスは ...

ReadMore

02.がんについて

CAR-T(カーティ)細胞療法の副作用とその対策。TCR-T細胞療法の仕組み

CAR-T細胞療法の開発経緯 CAR-T(カーティ)細胞療法の歴史を紐解くと、研究開始は1980年代です。 イスラエルのワイツマン研究所のジーリグ・エシュハー博士は、T細胞がより正確に「敵」であるがんを認識できるようにするため、がんの抗原に強力に接続する抗体のパーツをつくり、T細胞受容体に加える方法を考えました。 また、現・藤田医科大の黒澤良和博士たちが1987年に発表した「免疫グロブリンとT細胞受容体でつくったキメラ受容体」も原型のひとつとされます。 抗原認識部位をT細胞へ導入したことには成功しましたが ...

ReadMore

02.がんについて

CAR-T細胞療法の仕組みを分かりやすく解説

がんを攻撃する免疫の中心で活躍するのがT細胞です。CAR-T(カーティ)細胞とは、がんをみつけて攻撃しやすいように人工的につくり替えたT細胞のことです。 簡単にいうと、CAR-T細胞は、患者の体のなかにあるがんを瞬時にみつけ攻撃をしかけます。さらに体内で増殖して、がん細胞を一斉攻撃する役割を担います。 人工的にパワーアップされたT細胞である。 がんの発生は遺伝子に傷がつくことと大きな関わりがあります。遺伝子への傷が多いと、T細胞ががんをみつけたり、破壊したりしやすくなります。 一方でがんは攻撃から逃れるた ...

ReadMore

02.がんについて

がん光免疫はどのようにがん細胞を破壊するのか?なぜ「光免疫療法」と呼ばれるのか?

光免疫療法は日本初の治療法 2020年9月、「がん光免疫療法」のための薬と医療機器が、日本で承認されました。光免疫療法の承認は世界初であり、日本での研究開発が最も進んでいる治療法です。 狙ったがん細胞をピンポイントで物理的に破壊する、従来のがん治療とは大きく異なるコンセプトをもち、これまで実施された臨床試験では、従来の方法では治療が難しかったがん患者が治癒する例も確認されています。 「免疫」という言葉が名前についていますが、これまで知られている免疫療法とはまるでちがう仕組みをもつことも大きな特徴です。 が ...

ReadMore

02.がんについて

がんの免疫療法の歴史。保険適応の免疫療法と、受けることが推奨されていない免疫療法の違いとは?

がんの免疫療法が生まれたのは? 免疫療法とよばれる治療法には、さまざまな方法がありますが、効果が科学的に証明されず、長く信用できるのかどうかわからない治療法という位置づけでした。 その歴史を振り返ってみます。 免疫療法のはじまりは、100年以上前にさかのぼります。1890年、米ニューヨークでがん治療医をしていたウィリアム・コーリー博士が、高熱を発したがん患者のがんが小さくなったり、消えたりしていることに気づきました。 高熱の原因は、マラリア、麻疹、インフルエンザ、梅毒などでした。コーリー博士は翌年、頭と咽 ...

ReadMore

02.がんについて

免疫力とがんの関係。がんの発生メカニズムとがんを抑制するメカニズムの解説

細胞分裂とがん発生の原因 がんは、私たちの体の遺伝子に傷が入ることで発症します。 がんと遺伝子にかんする研究については米国の研究者、ロバート・ワインバーグ博士とダグラス・ハナハン博士とともに発表した有名な論文があります。 2000年に発表された「がんの特徴」2011年の「がんの特徴次の世代」です。 2000年の論文「がんの特徴」のなかで、ワインバーグ博士らはがんの特徴を挙げて、それぞれのはたらきを解説しています。 また、2011年の新しい論文「がんの特徴次の世代」では、ワインバーグ博士らはさらに特徴を加え ...

ReadMore

no image

02.がんについて

2016年から開始した「全国がん登録」による5年生存率などの統計データは?

全国がん登録の最新のデータによると、2017年の1年間にがんと診断された人は97万7393人でした。 2016年が99万5131人だったので近年では「年間約100万人が新たにがんと診断されている」ということです。 部位別でいうと2017年にもっとも多かったのが、大腸がん(15万3189人)、次いで胃がん(12万9475人)、肺がん(12万4510人)、乳がん(9万1605人)、前立腺がん(9万1215人)でした。 男性でがんと診断された人は55万8869人、女性が31万8510人でした。 5年生存率につい ...

ReadMore

02.がんについて

「医者は抗がん剤を使わない」「いや、抗がん剤は使う」本当はどちら?

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 書籍の中には、「99%の医者は抗がん剤を使わない」という内容のものがあります。これを執筆しているのは医師です。 その他にも「薬剤師は抗がん剤を使わない」という書籍もあります。 これも現役の薬剤師が書いています。 このような意見に対して、反発する医師も多く、 医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず #ldnews http ...

ReadMore

05.肺がん 33.化学療法レジメン

肺がん 非小細胞肺がん シスプラチン+ジェムザール+ネシツムマブ療法の奏効率、生存率、副作用と対策

【レジメン】

CDDP(シスプラチン)=75mg/m2:点滴静注(2時間)
GEM(ジェムザール)=1,250mg/m2:点滴静注(30分)
Necitumumab(ネシツムマブ)=800mg:点滴静注(60分)

【投与前】

1,000~2,000mLの輸液

【制吐対策】

①5-HT3受容体拮抗薬(Day1)
②アプレピタント125mg (Day1) ,80mg(Day2~3)
③デキサメタゾン9.9mgIV(Day1),8mgPO(Day2~3)
④オランザピン5mg(Day1~4)(糖尿病患者には禁忌)

【投与後】

①1,000~2,000mLの輸液
②20%マンニトール200~300mL、フロセミド注10mg(必要に応じ投与)


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


基本事項

【適応】

切除不能な進行・再発の扁平上皮非小細胞肺がん

【奏効率】

<国内第Ⅰb/Ⅱ相試験(JFCM試験)>

・奏効率(CR+PR)
51.1%

・無増悪生存期間(中央値)
4.21カ月

・全生存期間(中央値)
14.9カ月

<海外第Ⅲ相試験(SQUIRE試験)>

・奏効率(CR+PR)
31.2%

・無増悪生存期間(中央値)
5.7カ月

・全生存期間(中央値)
11.5カ月

【副作用】

<JFCM試験>

・発疹:All Grade=11.1%、Grade3以上=0.0%
・ざ瘡様皮膚炎:All Grade=80.0%、Grade3以上=5.6%
・皮膚乾燥:All Grade=53.3%、Grade3以上=0.0%
・爪囲炎:All Grade=48.9%、Grade3以上=4.4%
・掻痒:All Grade=8.9%、Grade3以上=0.0%
・口内炎:All Grade=38.9%、Grade3以上=1,1%
・悪心:All Grade=60.0%、Grade3以上=2.2%
・嘔吐:All Grade=12.2%、Grade3以上=1.1%
・食欲減退:All Grade=66.7%、Grade3以上=10.0%
・下痢:All Grade=12.2%、Grade3以上=3.3%
・動脈血栓塞栓症:All Grade=6.7%、Grade3以上=1.1%
・静脈血栓塞栓症:All Grade=5.6%、Grade3以上=2.2%
・低マグネシウム血症:All Grade=38.9%、Grade3以上=4.4%
・間質性肺疾患:All Grade=3.3%、Grade3以上=1.1%

<SQUIRE試験>

・発疹:All Grade=43.7%、Grade3以上=3.7%
・ざ瘡様皮膚炎:All Grade=15.1%、Grade3以上=1.3%
・皮膚乾燥:All Grade=6.5%、Grade3以上=0.0%
・爪囲炎:All Grade=6.7%、Grade3以上=0.4%
・掻痒:All Grade=7.1%、Grade3以上=0.2%
・口内炎:All Grade=10.0%、Grade3以上=0.9%
・悪心:All Grade=48.3%、Grade3以上=2.6%
・嘔吐:All Grade=26.8%、Grade3以上=2.6%
・食欲減退:All Grade=24.7%、Grade3以上=0.6%
・下痢:All Grade=10.6%、Grade3以上=1.3%
・動脈血栓塞栓症:All Grade=5.4%、Grade3以上=3.9%
・静脈血栓塞栓症:All Grade=9.1%、Grade3以上=5.0%
・低マグネシウム血症:All Grade=31.2%、Grade3以上=9.3%
・間質性肺疾患:All Grade=0.9%、Grade3以上=0.4%

レジメンチェックポイント

①投与前の確認

輸液の前負荷、制吐薬

②投与量の確認

<CDDP:腎障害時の減量基準>

GFR(mL/min):10~50=25%減量
GFR(mL/min):10>=50%減量
または
Ccr(mL/min):60~46=25%減量
Ccr(mL/min):45~31=50%減量
Ccr(mL/min):30≧使用中止

<GEM>

投与当日の白血球数が2,000/mm3未満または血小板数が7万/mm3未満であれば骨髄機能が回復するまで投与延期

③GEMは胸部への放射線療法を施行している患者では禁忌

④投与速度・希釈液の確認

CDDP:2時間以上かけて点滴静注
GEM:30分間で点滴静注
Necitumumab:60分で点滴静注

⑤休薬・中止基準の確認(Necitumumab)

・Infusion reactlon:Grade1=投与速度を50%減速する。減速した場合はその後のすべての投与においても減速した投与速度で投与することが望ましい。また、投与時間は2時
間を超えないこと。Grade2=Grade1以下に回復するまで中断する。再開する場合は投与速度を50%減速する。減速した場合はその後のすべての投与においても減速した投与速度で投与することが望ましい。また、投与時間は2時間を超えないこと。Grade3または4=直ちに投与を中止し再投与しない

・皮膚障害:Grade3=休薬する。
a)6週間以内にGrade2以下に回復した場合、400mgに減量して再開する
(1)再開後、1コースの間Grade3以上の症状が発現しなければ600mgに増量してもよい。600mgに増量後、1コースの間Grade3以上の症状が発現しなければ,800mgに増量してもよい
(2)再開後、400mgでGrade3以上の症状が発現する、または忍容性に問題がある場合は投与を中止し、再投与しない
b)6週間以内にGrade2以下に回復しなかった場合は投与を中止し、再投与しない

・皮膚障害:Grade3の硬結または線維化=直ちに投与を中止し、再投与しない。Grade4=直ちに投与を中止し、再投与しない

・低マグネシウム血症:Grade3または4=Grade2以下に回復するまで休薬する

・上記以外の副作用:Grade3または4=休薬する
a)6週間以内にGrade2以下に回復した場合、600mgに減量して再開する
(1)600mgでGrade3または4の症状が発現する場合は400mgに減量する
(2)400mgでGrade3または4の症状が発現する場合は投与を中止し、再投与しない
b)6週間以内にGrade2以下に回復しなかった場合は投与を中止し、再投与しない

⑥相互作用(CDDP)

アミノグリコシド系抗菌薬、バンコマイシン、注射用アムホテリシンB、フロセミドとの併用で腎障害リスク増大
アミノグリコシド系抗菌薬、バンコマイシン、フロセミドとの併用で聴器障害リスク増大
フェニトインとの併用でフェニトインの血漿中濃度が低下したとの報告がある


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


副作用対策と服薬指導のポイント

①悪心・嘔吐:CDDPは90%に急性、30~50%に遅発性の悪心・嘔吐の発現があり得る。患者の症状に留意し、必要に応じて制吐薬の追加を行う。また、デキサメタゾン、アプレピタント、オランザピンの服用意義を説明する

②腎障害:CDDPでは予防として水分の摂取を心がけるように伝える(目安:1.5~2L/日程度)。アミノグリコシド系抗菌薬との併用で増強されることがある。尿量の確保、体重測定を行い、適宜、利尿薬を併用する

③神経障害:CDDPでは手足のしびれなどの末梢神経障害と4,000~8,000Hz付近の高音域聴力障害が問題とされている。一般的にCDDPの総投与量が300~500mg/m2以上になると聴器障害の頻度が高くなると報告されており、軽度なものは投与中止により軽減することもあるが、不可逆的な場合も少なくない

④急性肺障害・間質性肺炎(Necitumumab):急性肺障害、間質性肺炎があらわれることがあるので、胸部X線検査などの観察を十分に行う。また、患者には初期症状(風邪のような症状:発熱、息切れ、咳)を伝え、早期の医療機関への受診について指導する

⑤皮膚障害(Necitumumab):発疹、ざ瘡様皮疹が強くあらわれることが多いため、あらかじめ症状などを説明しておく必要がある(初回発現までの期間中央値は、発疹:6日、皮膚乾燥:12日、掻痒感:9日)。対応については以下のアルゴリズムを参照

<ざ瘡様皮疹の治療指針>

(軽症)
副腎皮質ステロイド外用薬を用いる。部位によりmedium~very strongの軟膏、クリーム、ローション基剤を選択する。頭部はローション剤、顔面・体幹は軟膏、クリーム剤が使いやすいが、ローション剤やクリーム剤は時に刺激を感じることがあり、基剤選択にも留意する。なお、ミノサイクリンの予防内服も有用である。原疾患の沿療は継続可能である

(中等症)
軽症よりランクアップした副腎皮質ステロイド外用薬を用いる。なお、掻痒を伴う場合は抗アレルギー薬を併用するが、接触性皮膚炎や白癬を併発していることがあり、悪化するときには皮膚科専門医の介入が必要である。なお、原疾患の治療は継続可能である。ミノサイクリン100~200mg/日内服が目安となる

(重症)
原疾患の治療薬を休薬のうえ、皮膚科専門医へ紹介する。基本的には2週間を目安に副腎皮質ステロイドを内服で投与する

⑥動脈・静脈血栓塞栓症(Necitumumab):意識消失やめまい、胸痛、息切れ、手足のむくみ、ろれつが回らないなどの症状が認められた場合は速やかに連絡するよう指導する

⑦低マグネシウム血症(Necitumumab):投与開始前、投与中および投与終了後は血清中電解質(マグネシウム、カルシウム、およびリン)が定期的に測定されていることを確認する。倦怠感、筋痙縮、振戦等を伴う低マグネシウム血症があらわれた場合には、医療機関に相談するように指導する。マグネシウムの補充については、注射製剤の投与が原則であり、補正用硫酸マグネシウム液の補充が推奨されている

 

・・・・・・・・・・

 

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

 

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

\ 無料ガイドブック、プレゼント中 /

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

経験15年以上。プロのアドバイザーによる徹底解説。

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

サポートを受けた患者さんの声

大腸がん(腹膜播種)遠藤さん|患者さんの声

遠藤です。 お世話になっております。 先週4/10(金)に両親と、妻との4人で病院へ行き、担当医に会ってきました。 本村さんが言われていたように、話がどういった展開になるか、少々心配していましたが、私たち子供が立ち会ったことも功を奏したのか、担当医は明朗に現在の状況を説明してくれました。 ガンの転移であるのかについては、今までの抗がん剤治療での経過の中で、部位が多少なりとも小さくなっていることにより、ガンであると判断するしかない、更に突き詰めるには、やはり腹腔鏡手術・開腹手術を行うしかないが、前回母が手術 ...

続きを読む

直腸がん(手術後経過)桑島さん|患者さんの声

長い間本当にありがとうございました!!! 昨年10月にご相談をしてから、早くも6ヶ月が過ぎました。 昨年1月に大腸がん(直腸)の再発に始まり、手術をし人工肛門にするか、肛門の温存又は経過観察にするべきか、悩み迷い、先生のアドバイスを受けました。 結果経過観察を選び、4月1日に6ヶ月目の検査を受診しました。 検査結果担当医より「良かったですね。肝臓に転移も無く、術後も綺麗ですね。」と先生の笑顔を初めて拝見しました。 私もとても嬉しかったです。10月の検査予約をして参りました。 本村先生へのお礼とご報告が遅く ...

続きを読む

子宮体がん(肝臓転移あり5㎜以下で2個~4個)佐藤さん|患者さんの声

(1)患者は私本人です (2)48歳 (3)北海道○○市 (4)肝臓癌 (5)10/23、CT検査。多分再発だろうと医師に言われました。 (6)2012年婦人科で「子宮内膜増殖症 異型」と診断され、ガンに移行するタイプなので設備の整っている病院を紹介され、そこで検査の結果、初期の子宮体癌と診断されました。 (7)2012年子宮、卵巣、リンパ節手術 半年位は、毎月血液検査、その後3ヵ月ごとになりました。CT検査半年ごと。今年の7月のCT検査で、微かな影(?)のようなものが認められ、10月にもう一度CT検査を ...

続きを読む

スキルス胃がん(手術前)本間さん|患者さんの声

本村さま お返事ありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通り、知識をしっかり身につけようと思います。誰に聞けば良いのかわからない質問にまで丁寧に答えてくださり、ありがとうございます。 先日両親にガイドブックを渡しました。がんのことを家族で勉強したいと思います。これからもよろしくお願いします。 本間 【続き】 こんばんは。先日はメールをありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通りでした。 それでも諦めきれず、以前から気になっていた食事療法の本を出されている先生のクリニックへ。 検査結果の資料一式 ...

続きを読む

肺がん(ステージ4)堀内さん|患者さんの声

本村さん こんばんわ 報告ですが○○病院の緩和病棟(外来)に行ってきました。とにかく今の吐き気が辛い事などを伝えましたが、大変親切に対応いただきました。 ○○病院の話も聞きたい旨を伝えましたが、快く賛成頂きました。結果的には、新しい吐き気止めを頂きました。(本村さんのおっしゃるとおりでした。) その薬を妻が飲み、吐き気はなくなったようです。本日(金曜日)、体調が良く吐き気がないので出社して経理の仕事をこなしていました。 ただ、車で30分。会社に着いてすぐもどしました。また退社寸前まで元気でしたが、帰る車内 ...

続きを読む

人気の記事

1

私(本村ユウジ)は身内をがんで亡くしてから、プロとして10年以上活動している、がん治療専門のアドバイザーです。

このページでは、がんを治すための「たった1つの条件」について明らかにしています。

2

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 ...

3

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロ ...

4

日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ...

5

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、でき ...

-05.肺がん, 33.化学療法レジメン

© 2023 がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ