yuji-motomuraの記事

大腸がん(肝臓転移、多発転移あり)長谷川さん|患者さんの声

本村様 こんにちは。長谷川です。いつもご丁寧なご回答をいただき、ありがとうございます。 家族と話をし、早速来週の月曜日からこれまで治療を受けていた地元の病院でセ ...

がん患者さんの吐き気や嘔吐の原因は?吐き気止めの薬などの対策も

2019/3/23  

がん闘病中に起きる不快な症状の代表ともいえるのが、吐き気や嘔吐です。吐き気は医療用語でいうと悪心(おしん)です。 (※悪心=胃の中のものを吐き出したいという切迫 ...

がんと食欲不振。食欲がない原因と対策

2019/3/22  

がん闘病中には食欲不振になることが多いです。食欲がなくなるケースに多いのは主に抗がん剤治療の副作用を受けているときですが、その他にも様々な要因があります。 この ...

がん患者さんの高血圧。原因は抗がん剤だけ?対策は?

2019/3/22  

がん闘病中の症状として高血圧の症状が出ることがあります。主な原因としては化学療法(抗がん剤治療)の副作用があります。VEGF阻害薬アバスチン、サイラムザ、ザルト ...

がん患者さんの不整脈。抗がん剤の影響か?

2019/3/17  

がん闘病中の症状として不整脈が生じることがあります。不整脈は様々な要因で起きることがあるため、「これはがんによるものか?」「抗がん剤によるものか?」などの不安が ...

肺がん ビジンプロの効果と副作用を分かりやすく解説

2019/3/16  

ビジンプロは肺がんのなかでも「非小細胞肺がん」かつ「EGFR遺伝子変異陽性」のタイプ向けの分子標的薬です。2019年3月にファイザー社から販売開始され、日本国内 ...

がん患者さんの動悸は抗がん剤の影響か?

2019/3/16  

がん闘病中の症状として動悸が生じることがあります。明らかに強く感じる場合は主治医の診察をすぐに受けるべきです。 動悸は抗がん剤治療中に発生することが多いですが、 ...

がんセカンドオピニオンの質問例と受けるタイミング

2019/3/15  

がん治療では「セカンドオピニオンを受けましょう」とよく言われますが、いつ、どのタイミングで受けて、どんな質問をすればよいのか?は悩ましい問題だといえます。 がん ...

がん患者さんに胸の痛みが生じる原因と対策

2019/3/16  

がん闘病中の症状として胸の痛み(胸痛(きょうつう))が生じることがあります。主治医の診察を受けるのが前提ですが、原因あるいは可能性のある疾患について知識がないと ...

なぜ胸水が生じるのか?原因と胸膜癒着術などの対策

2019/3/16  

がん闘病中の症状として「胸水(きょうすい)」が生じることがあります。文字通り胸部(胸膜腔)に水分が溜まる状態です。 この記事ではなぜ胸水が溜まるのか?原因の解説 ...

肺がん治療薬イミフィンジの効果と副作用、費用について

2019/3/15  

肺がんで使われるようになった免疫チェックポイント阻害薬「イミフィンジ(一般名ー名デュルバルマブ)」について、適応となる条件や効果、副作用、薬価(費用)について分 ...

肺がん患者さんに咳が出る原因と咳止めなどの対策

2019/3/12  

がん闘病中の症状として「咳」の症状が起きることがあります。特に多いのは肺がんの患者さんや、肺転移がある患者さんです。一度咳が出るとなかなか止まらないなど、苦しい ...

卵巣がんステージ3、ステージ4の治療法

2019/3/12  

卵巣がんのステージ3には、3a、3b、3cがあります。ステージ4には細分類はありません。それぞれの状況は以下の通りです。 卵巣がんステージ3 腫瘍が骨盤を越えて ...

卵巣がんステージ1、ステージ2の治療法

2019/3/11  

卵巣がんのステージ1には、1a、1b、1cがあります。ステージ2には2a、2b、2cがあります。それぞれの状況は以下の通りです。 卵巣がんステージ1 腫瘍が卵巣 ...

卵巣がんに放射線治療は行われるのか?

2019/3/11  

米国では上皮性の卵巣がん1期には、化学療法の代わりに放射線療法を行うこともあるようです。 しかし、日本では卵巣がんの治療目的で、放射線療法が行われることはほとん ...

卵巣がんと妊娠。妊娠中の場合は?出産は?治療はできる?

2019/3/11  

一般的に、卵巣がんの治療は子宮と両側の卵巣、卵管、大綱、骨盤~傍大動脈リンパ節を取り除く手術を行うのが基本です。 卵巣を温存するのは基本的には妊娠、出産を希望す ...

卵巣がん「漿液性腺がん」「粘液性腺がん」「類内膜腺がん」「明細胞腺がん」とは

2019/3/11  

卵巣にできる腫瘍をその発生個所で大別すると、「表層上皮性・間質性腫瘍」「性索間質性腫傷」「匪細胞腫瘍」「その他」があります。 最も多く見られるのは、卵巣の表面を ...

卵巣がなくなったら女性ホルモンはどうなる?卵巣がん摘出後の生活

2019/3/11  

卵巣摘出手術によって、卵巣機能を残すことができなければ、女性ホルモンの分泌が減少し、のぽせや異常発汗など、さまざまな症状に悩まされる更年期障害に似た症状が起こり ...

卵巣がんはエコーで分かる?診断は推定してから確定へ

2019/3/11  

卵巣がんの診断は、次のような理由で婦人科がんの中でも特に厄介とされています。 1.卵巣は表層上皮から卵細胞まで何種類もの組織があり、そのどこにできたかによって性 ...

卵巣がんの症状をチェック。生理やおりものは関係ない

2019/3/11  

卵巣がんは自覚症状がほとんど出ない病気として知られています。 そのため、「silent disease」(沈黙の病気)「silent killer」(沈黙の殺人 ...

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.