02.がんについて

「医者は抗がん剤を使わない」「いや、抗がん剤は使う」本当はどちら?

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 書籍の中には、「99%の医者は抗がん剤を使わない」という内容のものがあります。これを執筆しているのは医師です。 その他にも「薬剤師は抗がん剤を使わない」という書籍もあります。 これも現役の薬剤師が書いています。 このような意見に対して、反発する医師も多く、 医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず #ldnews http ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療 保険適応の条件と問題点を分かりやすく解説

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロップで流れることもあり、ゲノム医療全体が保険適応になるかのような印象を受ける人もいるかもしれません。 しかし保険適応となるのは「検査」についてのみ。 なおかつ保険が適応となるための条件もあります。そして検査を受けて何らかの遺伝子変異が見つかったとしても、そこから「治療」に入るためには、いくつかの難問があります。 この記事では、がんゲノム医療やパネル ...

ReadMore

02.がんについて

がん全般に関するニュース 2019

がん全般に関するツイートを忘備録として格納しています。 ※新しいニュースのほうが上。 ゲノム医療の体制などについてポイントがまとめられた良い記事。 がん遺伝子パネル検査等、保険診療上の留意事項を整理―厚労省 https://t.co/WMgzt0NpG9 — 本村ユウジ@がん治療専門 (@motomurayuji) 2019年6月4日 光免疫療法、第三相スタートのニュース。 米国での再発頭頸部扁平上皮がんに対する第2相試験で、奏効率28%(28人中8人)、完全奏効率14%(28人中4人)という ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療とは何か?分かりやすく解説

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。 ゲノムとゲノム医療 体の細胞の核の中にはDNAがあり、そこに刻み込まれた生命に関する情報が「ゲノム」と呼ばれるものです。 この体の設計図といえるゲノムに刻まれている「遺伝子の配列」を調べるのが「遺伝子検査」です。 遺伝子検査によって「その人固有の遺伝子情報」が明らかになります。 ゲノム医療とは、シンプルに表 ...

ReadMore

02.がんについて

がんセカンドオピニオンの質問例と受けるタイミング

がん治療では「セカンドオピニオンを受けましょう」とよく言われますが、いつ、どのタイミングで受けて、どんな質問をすればよいのか?は悩ましい問題だといえます。 がんに関するセカンドオピニオンはそもそもどの病院に行けばよいか分かりません。せっかくお金を払って(基本的に保険適応外で有料です)行くからには、有益な時間にしたいものです。 私もセカンドオピニオンについてはよく質問を受けます。最も難しいのが「どの病院で受けるべきか」ですが、これについては個別の対応になるのでこの記事では触れません。 この記事では、上手なセ ...

ReadMore

02.がんについて

セカンドオピニオンで医者は怒るのか?言い方にも気をつけよう

セカンドオピニオンは「受けてよかった」というケースもあれば「受けてもあまり意味がなかった」ということもあります。 また、受ける以前に主治医との関係が悪くなったり、場合によっては医師が怒ってしまって「もう私は診ない」などと関係が断裂されてしまったりすることもあります(ここまでのことは稀ですが)。 セカンドオピニオンは受ける前、もとより「主治医に切り出す前」に色々と整理、準備しておことが大切になります。 ポイントは色々ありますが、ツイッターでこのようなことを書きました。 実際には個々のケースバイケースですし住 ...

ReadMore

02.がんについて

がん治療 病院の選びかた。評判や口コミだけで決めてはいけない

個別サポートの中で、比較的多いのが「今はこの病院に通っているのですが、他に移ったほうがよいですか?他におすすめの病院はありますか?」という質問です。 がんについては「一度行けば終わり」ではなく、通院、入院などを含め長期化することが多いため、どの病院を選ぶか、は重要な点になります。 というわけで、ツイッターで「病院の選び方シリーズ」を書いてみました。 「その20」まで行ってしまったので、サイトにもまとめとして残しておきたいと思います。 がん治療 病院の選びかた、探しかた 【がん治療 病院の選びかた その1】 ...

ReadMore

02.がんについて

がん治療費用に関わる公的支援や助成金の制度は?

経済的な理由で、希望どおりのがん治療を続けられなくなる人は少なくありません。でも、あきらめてしまう前に、公的な制度が利用できないかどうか、確かめてみましょう。 役所や公的機関に申請すれば戻ってくるお金や控除制度、手当金などがあります。 代表的なものとして、「高額療養費制度」「医療費控除」「傷病手当金」「雇用保険(失業手当)」「障害年金」などがあります。 医療費控除 患者さんまたは”生計を一にする家族”が、1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合に、所得税の一部が戻ってくる制度です。 医療にかかった領収 ...

ReadMore

02.がんについて

光免疫療法(近赤外線免疫療法)の治験の進捗状況は?

※この記事は、光免疫療法(近赤外線免疫療法)の解説+直近の臨床試験(治験)の結果について掲載しています。 2019年以降の臨床試験の進捗についてはその都度更新しています。 光免疫療法(近赤外線免疫療法)とは? テレビのリモコンでも使われている近赤外線。 そのレーザー光を体の表面に照射することでがん細胞を攻撃する、新しい治療法の実用化への期待が年々高まっています。 これは「がん光免疫療法(近赤外線免疫療法)」と呼ばれる治療法で、米国国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆医師が10年以上の研究の成果とし ...

ReadMore

02.がんについて

抗がん剤による脱毛はなぜ起きるのか?いつ回復するのか?

抗がん剤治療の副作用として「脱毛する」ことがよく知られています。抗がん剤治療を受けるとなぜ脱毛するのでしょうか? これは、毛髪の成長のメカニズムと関係があります。 毛根にある毛母細胞(もうぼさいぼう。毛を作るもとになる細胞)が細胞分裂することによって、毛が成長(伸びる)します。 毛髪は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルを繰り返しています。 毛母細胞は、全身の細胞の中でも分裂が速い細胞です。そのため、同じく分裂の速いがん細胞を標的とする化学療法(抗がん剤治療)は、毛母細胞にもダメージを与え、脱毛が起こ ...

ReadMore

02.がんについて

がん骨転移は治せるのか?骨転移の仕組みと治療法について

がん骨転移は治せるのか?骨転移の仕組みと治療法

骨転移を来しやすいがん種として肺がん、乳がんが挙げられ、そのほか前立腺がん、腎がんなども比較的骨転移を来しやすいとされます。

骨転移の発生部位としては脊椎、骨盤、肋骨に多くみられ、四肢では大腿骨、上腕骨など体幹部に近い部位に多く生じます。

骨髄が血行に富む組織であること、骨の構造上骨に入りやすいこと、脊椎では特異的な静脈系があるため、骨髄が豊富な骨盤や脊椎に転移しやすいとされています。

ほとんどの場合は多発骨転移の一部であると考えられ、単一の病変であることは少ないとされています。

脊椎や骨盤、大腿骨の近位部では体重がもっともかかるところでもあり、骨折や脊髄麻療を来しやすい場所でもあります。とくにこのような場所に骨転移を生じた場合には、細心の注意が必要になります。


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


がんが骨に転移するしくみと理由

骨は全身の構造を支え、さらに体の各部を折り曲げたり前後左右に動かすために欠かせない枠組みです。

このはたらきを果たすために骨は硬く、圧迫されても簡単にへこんだりつぶれたりすることはありません。

しかし、がんが進行すると骨にも転移してその組織を破壊することがあります。

がんが硬い骨にどうやって転移するのかというと、血流に乗って骨に転移するとみられています。これを「血行性転移」と呼びます。

硬い骨の内部にも、骨に栄養を与えるための動脈や、不要なものを運び出す静脈が多数走っています。

そのため、がん細胞が原発巣から血管に入り込むと、そのまま血流に乗って骨の内部の血管に達し、そこに定着することがあります。

がんの種類によって異なるものの、がんの転移は、脊椎や肋骨、骨盤、大腿骨など体の中心部の骨によくみられます。

がんの骨転移の検査と腫瘍のタイプ

骨転移の診断に当たってはX線検査、骨シンチ検査、腫瘍マーカー、MRIなどによって行うことが多いですが、近年原発巣の確認や転移病巣の広がりを知るうえでPETが有用であることが報告されています。

経過中に腫瘍マーカーが徐々に増大してくるようなケースでは、骨転移の発生を考え検査をすすめる必要があります。

骨転移の病巣は、骨が溶けてくる溶骨性タイプ、転移した部分で骨が作られてくる造骨性タイプ、溶骨性変化と造骨性変化が入り混じった混合タイプの3つに分けられます。

肺がん、腎がん、大腸がん、甲状腺がんなどでは溶骨性タイプ、前立腺がんでは造骨性タイプが多いとされています。また、乳がんでは混合タイプがよく見られます。

溶骨性タイプを示すがんや混合タイプでも溶骨性変化が強いケースでは、骨折を来しやすいために早急に治療を行う必要があります。

がんの骨転移の分類と種類

・溶骨型:骨の吸収(溶解)が過剰に進む。

・造骨型:骨の形成が活発化し、新しい骨が正常な骨をおおう。

・混合型:溶骨と造骨の両方が見られる。

・骨梁間型:スポンジ状の海綿質(骨梁)に囲まれた髄腔にがんが広がる。

骨転移と骨折

がんが骨に転移しても、骨自体は硬いので、がんがその組織を破壊しながら増殖することは難しいように思われます。

しかし、がん細胞は体のしくみをうまく利用することにより、骨の内部で増殖するようになります。

健康な骨の中では、古い骨は破骨細胞と呼ばれる特殊な細胞によって吸収され、いっぽうで、これとは別の骨芽細胞が新しい骨をつくり出しています。

骨が吸収される量と新たにつくられる量はバランスがとれているため骨は骨量がほぼ一定の丈夫な状態に保たれます。

ところが骨に転移したがん細胞は、周囲の細胞を刺激して破骨細胞のはたらきを活発化します。その結果、骨が溶け、その空間にがんが入り込んでいきます。

こうして破骨細胞の過剰なはたらきによって骨が弱くなると、軽くぶつけたり転倒するだけで骨折することもあります(病的骨折)。

いっぽうで、ときには新しい骨がもとの骨をおおいながら成長することもあります。

「造骨型の転移」と呼ばれるこのような症例では、病的骨折は起こりにくいとされています。


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


がんが骨に転移するとなぜ痛みが起きるのか

がんが骨に転移すると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みも非常に強くなります。

また脊椎に転移すると、脊髄を圧迫して体の麻痺を引き起こすこともあります。

骨に転移すると激しい痛みが生じるのは、骨をおおう膜(骨膜)や骨髄の入っている空間(髄腔)に、痛みを感じる痛点が多数あるためとされています。

がんによって骨膜に炎症が生じたり、それによって"痛み物質"が周囲にまき散らされると、痛みが生じます。

またがんが大きくなると骨膜や骨髄(髄腔)を刺激し、それが痛みを引き起こすこともあります。

破骨細胞が生産する酸が痛みを強くするという見方もあります。

骨のがん再発は一般に治療後2~3年以内が多いものの、乳がんなどでは治療後10年以上たってから、骨(胸椎、胸骨、肋骨など)に再発することがあります。

骨転移の診断は、X線や骨シンチグラフィ、MRIなどで行います。

骨シンチグラフィとは、骨の代謝が活発なところ(=がんが存在する部位)に集中しやすい放射性物質を体内に投与し、この物質が出す放射線をとらえて転移を見つける方法です。いずれの診断法にも長所や短所があるので、ふつうはいくつかの診断法を組み合わせて検査を行います。

がんの骨転移に対する治療方法と効果

骨転移に対する治療としては、とくに脊椎への転移では放射線治療が主体となります。

あるがんセンターにおいて放射線治療を行った脊椎転移について調査したところ、疼痛(痛み)の改善が60%、神経症状の改善が47%、脊髄症状の改善が40%に見られました。

放射線治療によってそれまで溶骨性であった病変が骨硬化(骨が硬くなる)をきたし、骨折を予防することができます。

また、ピスフォスフォネート製剤が骨転移病巣に対して効果を示すことがわかってきました(現在、一番よく使われ、強力な作用を持つとされているのが「ゾメタ」という薬です)。

このような治療によっても効果を示さないケースや、すでに骨折を起こしたり麻揮を起こしそうな症例では、手術を行うこともあります。

治療の中心は痛みの緩和

がんが骨に転移しても、生命にすぐに危険が生じることはまれです。

しかし通常、骨に転移したときの痛みは非常に強く、もっとも強力な鎮痛薬であるモルヒネでも痛みをやわらげることは困難とされています。

また脊椎(背骨)などに転移すると、その内部を通っている脊髄の神経が圧迫されるなどにより、体が麻痺することもあります。

骨折もしやすくなり、骨盤や大腿骨が折れて寝たきりになることもあります。

このように、骨への転移は患者の生活の質(QOL)をしばしば大きく低下させます。

そのため、がんが骨に転移したときには、痛みの緩和を優先したさまざまな治療が行われます。

放射線治療

骨の痛みをやわらげる有効な手段のひとつです。

患者の70~80パーセントに疼痛を抑える効果があり、そのうち半数は完全に痛みがなくなると報告されています。

またがんが脊椎に転移している場合でも、放射線を照射すると、脊髄(中枢神経)ががんのかたまりに圧迫されて起こる麻痺を防ぐことができます。

骨折しやすい患者の半数以上では、照射後、骨が少しずつかたくなるため、病的な骨折を予防できる効果もあるとされています。

放射線治療は、病状が重く、患者に体力がないときでも受けることができます。

しかし、すでに放射線治療を受けた経験がある患者が同じ場所に大量の放射線を照射すると、臓器の壊死などの後遺症が出るおそれがあるため、治療が制限されることもあります。

体外から放射線を放射する方法以外に、放射性物質を体内に投与する方法もあります。

2007年、放射性物質ストロンチウム(商品名メタストロン)が厚生労働省の承認を得て、骨転移に対して使用できるようになりました(=保険適用)。がんが転移した骨では、しばしばカルシウムが活発に吸収・放出されています。

ストロンチウムはカルシウムに性質が似ているため、がん患者に投与すると、骨の転移がんの周辺に集中します。ストロンチウムはそこで放射線を放出してがん細胞を攻撃します。

ストロンチウムによる治療は、いったん痛みが強くなった後、1週間ほどで痛みがやわらぐとされています。

甲状腺がんの骨転移では、放射性のヨウ素を体内に投与することもあります。甲状腺がんの細胞はヨウ素を吸収しやすいという性質を利用し、前記のストロンチウムと同じしくみでがん細胞を殺します。

薬の投与

骨転移の痛みをやわらげるには、モルヒネでは効果が十分ではなく、従来は非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)が使用されてきました。

しかしこのタイプの薬を長期間使用すると、消化器や肝臓、腎臓などに重い副作用が現れます。これに代わっていま、骨転移の治療の中心となったのは、ビスホスホネート剤です。

これはカルシウムに吸着しやすい性質をもち、もともと水道管の水あか取りや歯石防止剤として使われていた薬剤です。

がんが骨に転移すると、がん細胞は「破骨細胞」と呼ばれる骨を吸収する細胞を活性化させます。

破骨細胞の異常なはたらきで骨の内部にすきまが生じ、がん細胞が増殖しやすくなります。そこで、ビスホスホネート剤が骨に吸着する作用を利用します。

破骨細胞が骨を吸収すると、骨に吸着した薬も同時に破骨細胞内に入り、破骨細胞のはたらきを妨害します。

この薬には痛みの緩和以外にも、高カルシウム血症を予防する効果があります。

破骨細胞が活発化して骨の溶解が進むと、カルシウムが溶け出し、血液中のカルシウム濃度が高くなります。(高カルシウム血症)

その結果、意識障害を起こしたり、吐き気や食欲不振などの消化器症状が現れたりします。

ビスホスホネート剤を使用すると骨の溶解が抑えられ、血液中のカルシウム濃度も上がりにくいとされています。

ビスホスホネート剤にはさまざまな種類がありますが、日本ではがんの骨転移の治療用として、パミドロン酸(商品名アレディア。乳がん用)とゾレドロン酸(商品名ゾメタ)が厚生労働省の承認を得ています(いずれも注射剤)。同様に骨の溶解を抑える薬として、抗体製剤のデノスマブ(ランマーク)も使われるようになりました。

骨粗しょう症の治療に使用されるカルシトニン製剤も効果があるといわれていますが、呼吸困難などの副作用があるほか効果にも限界があり、がんの骨転移に対しては保険適用外です。

前立腺がんや乳がんの骨転移に対しては、ホルモン剤を使用することもあります。また、脊髄など神経が圧迫されて生じる痛みに対してはステロイド薬も用いられます。

骨転移に対する手術

患者の体が手術に耐えられるときには、がんの切除も考慮されます。

たとえば、骨以外には転移がなく、発生場所のがんも増大していないときや、脊椎に転移して急速に体の麻痺が進行しているとき、あるいは弱くなった骨ががんの圧迫で骨折しやすいと診断されたときなどです。

がんを切除した後は一般に、人工骨や人工材料(骨セメント)を用いて骨や関節を再建し、体外に補助器具を装着するなどの方法をとります。

以上の骨転移の治療は、単独で行われることもありますが、通常は患者の病状に合わせて適切と思われる複数の治療法を組み合わせます。

現在は、放射線治療とビスホスホネート剤を組み合わせる手法が一般的です。

がんの骨転移は治るのか?

骨転移に対しては上記のようにいくつかの手段がありますが、どの手段も「それをすれば治る」ということではありません。

骨転移=ステージ4のがん(遠隔転移を起こしている状態)だといえます。

がんが治らず、骨転移だけが治る、ということはありませんので、骨転移が治るとすれば、ステージ4のがんも治るということになります。

しかし現時点でステージ4の転移がんを治せる、といえる医療手段はありません。

 

・・・・・・・・・・

 

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

 

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

\ 無料ガイドブック、プレゼント中 /

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

経験10年以上。プロのアドバイザーによる徹底解説。

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

サポートを受けた患者さんの声

子宮体がん(肝臓転移あり5㎜以下で2個~4個)佐藤さん|患者さんの声

(1)患者は私本人です (2)48歳 (3)北海道○○市 (4)肝臓癌 (5)10/23、CT検査。多分再発だろうと医師に言われました。 (6)2012年婦人科で「子宮内膜増殖症 異型」と診断され、ガンに移行するタイプなので設備の整っている病院を紹介され、そこで検査の結果、初期の子宮体癌と診断されました。 (7)2012年子宮、卵巣、リンパ節手術 半年位は、毎月血液検査、その後3ヵ月ごとになりました。CT検査半年ごと。今年の7月のCT検査で、微かな影(?)のようなものが認められ、10月にもう一度CT検査を ...

続きを読む

スキルス胃がん(手術前)本間さん|患者さんの声

本村さま お返事ありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通り、知識をしっかり身につけようと思います。誰に聞けば良いのかわからない質問にまで丁寧に答えてくださり、ありがとうございます。 先日両親にガイドブックを渡しました。がんのことを家族で勉強したいと思います。これからもよろしくお願いします。 本間 【続き】 こんばんは。先日はメールをありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通りでした。 それでも諦めきれず、以前から気になっていた食事療法の本を出されている先生のクリニックへ。 検査結果の資料一式 ...

続きを読む

肺がん(ステージ4)堀内さん|患者さんの声

本村さん こんばんわ 報告ですが○○病院の緩和病棟(外来)に行ってきました。とにかく今の吐き気が辛い事などを伝えましたが、大変親切に対応いただきました。 ○○病院の話も聞きたい旨を伝えましたが、快く賛成頂きました。結果的には、新しい吐き気止めを頂きました。(本村さんのおっしゃるとおりでした。) その薬を妻が飲み、吐き気はなくなったようです。本日(金曜日)、体調が良く吐き気がないので出社して経理の仕事をこなしていました。 ただ、車で30分。会社に着いてすぐもどしました。また退社寸前まで元気でしたが、帰る車内 ...

続きを読む

肺腺がん(非小細胞がんステージ4)河内さん|患者さんの声

本村さま 先日はお返事ありがとうございました。 アドバイスいただいたように、〇〇治療を先にと昨日病院へ行ってきました。 入院に向け、造影剤を使ってのCTを撮り、見てもらったところ 肺に小さいものが飛散して転移しているような状態であり、リンパ(首、脇、腹部)にも転移。 脳にも・・・ということで、このような状態では、親玉みたいなものがないので、どこをたたくというものではなく今は脳のことを最優先に考えるというのが一番でもあるし、タルセバのような抗がん剤での治療を優先したほうがよいと言われました。 火曜日に、新し ...

続きを読む

口腔がん・唾液腺導管癌がん(胸膜転移あり)竹内さん|患者さんの声

昨日は早速の返信有難う御座いました。 本村さんの返信により、先日までの気持ちを考えると、なにか光が差し込むように気持ちが楽になれました。心に余裕を持ちながら、癌と闘って行きます。 本日、大学病院の診察日ですので話しをよく聞いて来ようと思ってます。 後ほど、またサポートメールをいたします。よろしくお願いします。 【続き】 竹内です。 抗癌剤治療の為の入院日が決定致しました。 毎日バタバタで、先日の診察順番待ちの間にようやく、[がんを治す生き方]を読み終えました。 とても参考になる冊子に感動致しました。 これ ...

続きを読む

人気の記事

1

私(本村ユウジ)は身内をがんで亡くしてから、プロとして10年以上活動している、がん治療専門のアドバイザーです。

このページでは、がんを治すための「たった1つの条件」について明らかにしています。

2

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 ...

3

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロ ...

4

日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ...

5

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、でき ...

-02.がんについて

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2020 All Rights Reserved.