がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

07.乳がん

乳がんと仕事。退職せざるをえない?

更新日:

「乳がんになった場合、今の仕事を続けたいと回答した女性は半数にとどまる」というニュースに対するツイート。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

乳がんと仕事。何が課題か?

仕事に集中できなくなる要素は何かというと、

1.乳がん自体によるもの

2.治療によるもの

上記の2つがあります。

それぞれ精神的な影響もありますが、まず「1」については、肉体的に影響があるのは進行期です。

肺や骨に転移が起きると苦痛が生じます。また乳房のがんが増悪すれば出血などを伴います。このような状況で仕事を続けるのは肉体的にも精神的にも厳しいです。

体調面で会社に行って仕事をしたり、人と会って打ち合わせをできる、という状況ではなくなります。

ただ、ここまで進行していない場合は、肉体的に仕事に支障が出るケースは少なく、日常生活や(よほどハードな仕事でなければ)一般の人と変わらず仕事ができる可能性が高いです。

問題は「2」です。

手術をするとなれば事前入院も含めて数日~数週間の休みが必要になります。

手術後も痛みや腕の違和感などが生じる可能性があるので入院~手術が終わったからといって100%前の状態に戻れるわけではありません。

放射線を受けるとなると、数回に分けて実施するためフルタイムで出勤し続けるのが困難です。遅刻、早退、有給などを取得して通院することになります。

ホルモン療法や抗がん剤の場合は、通院で可能な場合もあれば入院して実施することもあります。

術後の予防的なホルモン療法では5年以上の投薬を勧められるなど、「治療をし続ける心身への負担」が増します。

それだけでなく副作用が起きてコンディションが整わず出勤できない、脱毛などにより人前に立つ仕事を躊躇せざるを得ない、ということもあります。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


乳がんそのものより、過酷な治療によって仕事に影響が出る

乳がんにおいては「ここで治療が終わり」というタイミングがまず訪れません。

手術が成功に終わっても経過観察でOKというケースは少なく、追加の投薬を勧められます。長期にわたりますが「予防目的」のため効果が分からなくても続ける、という形になります。

もし再発や転移があった場合は、このときも投薬になります。

問題の根本は「連続的に心身ともにダメージが大きい治療が続く」ことにあります。

労働時間や退勤時間を早くする、一時的に休職する、という対応は大きな会社では認めてもらうことは可能かもしれませんが、永続的に配慮してもらえることは稀です。

そのため、最初は職場の理解を得て仕事を続けられたとしても、しばらくして退職せざるを得なくなった、転職せざるを得なくなった、という人が多いのです。

早期で治療のダメージが軽いうちはよいですが、治療が長期化したりダメージが大きくなってくると仕事をすること自体が難しくなります。

抜本的な解決策がない

国が経済的な支援などをしてくれれば、仕事をせずに収入を得て日常生活+治療を受けられる、という形もありえますが、一般の乳がん(他のがん患者さんも含む)患者さんに対して国や自治体が大きな支援策を打ち出す可能性は極めて低いです。

正社員ではなくパート、アルバイトに切り替えても、収入は減り、治療を受ける経済的な土台が揺らぐ可能性が高くなります。

事前に高額ながん保険や収入保障保険に入っていたり、仕事をしないで済む資産があったりする人以外、仕事の調整と内容、収入について「自力でなんとかするしかない」という状況に置かれてしまうのです。

「国が検討すべき」などと言ってもどうにもならないので、早い段階から家族に乳がんについて今後の治療予定などを伝えて、可能な支援をお願いする、在宅でできる仕事や副業のスキルを得る、などの対応が必要になります。

病気に加えて、経済面や仕事面での負担も増すのは本当に厳しいことです。

それががんの厳しさの1つだといえます。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.