03.胃がん

胃がんの死亡数は年間約5万人に(2010年)

更新日:

i_image

がんの死亡者数の中で最も多いのは肺がんですが、次いで多いのが胃がんです。

2010年の数字では、肺がん死亡者数は6万9813人、胃がんは5万136人です。昔から世界的にみると日本人には胃がん患者が多いということが特徴で、罹患者数は2006年の数字で胃がんが11万6911人、次いで大腸がんが10万7815人、3番目にくるのが肺がんで8万5477人です。

肺がんの場合、82%の人が肺がんがもとで亡くなっていますが、胃がんではそれは43%と少なくなります。胃がんで亡くなる人が肺がんより少ないのは最近の「がん対策」の傾向からみてとれます。

つまり、胃がんの罹患者数が未だに多いのは、高齢化社会が進んでいるからであり、それにもかかわらず死亡者数が着実に減少してきているのは「早期発見、早期治療」が行われているからだといえます。加えて、胃がんの一因となっているヘリコバクターピロリ菌の感染者が、若い人の間では激減しているため、死亡者は今後もっと減るだろうと予想できます。

さて、このピロリ菌というのは、胃の出口である幽門側に住みついて粘膜に炎症を起こし、胃潰瘍の原因となるばかりか、胃がんの主要原因なる菌です。日本人の60歳以上だけをみると、80%がピロリ菌に感染し、全人口でみると感染者は50%となっています。

ただし、10代では10%以下、20代でも10%台とピロリ菌感染者は急激に減少しています。その結果、胃がんが減少することのほかに、胃がんの発生する場所にも変化が生じてくるようになりました。

今はピロリ菌のいる幽門側にがんができやすいといえますが、ピロリ菌感染がないと、食道と胃の接合部にできやすくなり、がんの発生状況はより欧米型に近くなります。これはピロリ菌がいないことで胃の健康度がアップし、胃の酸度がアップするからです。

つまり、逆流性食道炎、もしくはそれに近い状態の人が増えてくると予想され、実際にそのような傾向がみられます。逆流性食道炎は数年前まで耳慣れない病気でしたが、TVのコマーシャルでも言葉が出てくるようになりました。

だからといって、ピロリ菌の除菌に待ったをかけるものではなく、ピロリ菌が陽性の人はしっかり除菌したほうがよいといえます。除菌は現状の胃がんを30%抑制することが分かっているからです。

以上、胃がんに関するお話でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-03.胃がん
-,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.