25.抗がん剤・分子標的薬

テムシロリムス(トーリセル)の主な副作用と特徴、効果について

更新日:

テムシロリムス(トーリセル)の主な副作用と特徴

・一般名:テムシロリムス
・商品名:トーリセル
・投与経路:点滴静注
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低
・催吐リスク:最小

<特徴>

作用機序:mTOR(がん細胞の増殖につながる細胞内のシグナル伝達に働く)の活性化を阻害する薬剤である。細胞周期のG1からS期への移行を抑制すること、腫瘍微小環境における血管新生に重要な役割をもつ低酸素誘導性転写因子(HIF)と血管内皮増殖因子(VEGF)の発現を阻害することにより、腫瘍細胞の増殖を抑制すると考えられている。

代謝経路:代謝酵素CYP3A4により代謝され、糞中に78%、尿中に4.6%排泄される。

<主に使われるがんの種類>

根治切除不能または転移性の腎細胞がん:単剤投与

・使用時の注意点

投与方法:点滴静注。他の薬剤とは混合しない
投与量:25mgを1週間に1回、点滴静注
投与速度:30~60分間かけて投与
併用禁忌:生ワクチン
慎重投与:肺の間質性陰影、肝機能障害、感染症合併、肝炎ウイルス・結核などの感染(既往を含む)
前投薬:本剤投与30分前に抗ヒスタミン薬を内服(インフュージョンリアクションの予防)

・重大な副作用

インフュージョンリアクション
間質性肺疾患

・その他注意が必要な副作用

感染症
血小板減少
口内炎
発疹(高頻度)
高血糖
高脂血症
B型肝炎ウイルスによる劇症肝炎、肝炎の増悪

・投与に関するポイント

テムシロリムス(トーリセル)は免疫抑制効果がある。生ワクチン併用は病原性を現す可能性があり禁忌であること、不活化ワクチンでは免疫が得られない可能性がある。

高血糖症状(過度の口渇、尿量・排尿回数の増加)が現れた場合は医療者へ連絡する。特に糖尿病の既往がある患者は注意する。

調整後のテムシロリムス(トーリセル)は、生理食塩液などに比べて1滴の大きさが小さくなるため、適数・投与速度の調整が必要。

・・・

以上、テムシロリムス(トーリセル)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.