25.抗がん剤・分子標的薬

テガフール・ウラシル(ユーエフティ)の特徴と効果。主な副作用

テガフール・ウラシル(ユーエフティ)の特徴と効果

・一般名:テガフール・ウラシル
・商品名:ユーエフティ
・投与経路:経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし
・催吐リスク:軽

<特徴>

作用機序:テガフール(フルオロウラシルのプロドラッグ)が、徐々にフルオロウラシルに変換されることで抗腫瘍効果を発揮する。ウラシルは、ジヒドロピリミジンジヒドロゲナーゼ(DPD:フルオロウラシルの分解酵素)活性を阻害してフルオロウラシルの血中濃度を高め、抗腫瘍効果を増強する。
代謝経路:肝代謝。尿中排泄とされる

<代表的なレジメン>

非小細胞肺がん、乳がん、子宮頸がんなど:単剤投与
結腸・直腸がん:UFT+ユーゼル療法(ホリナート・テガフール・ウラシル療法)

・使用時の注意点

投与方法:経口
投与量の調節が必要になる場合:下痢が出現した場合、継続投与により出血性腸炎、虚血性腸炎などが出現し、水様便・脱水症状が重篤化する可能性があり、減量や休薬が必要になる。
慎重投与:肝機能障害(既往歴を含む)、腎機能障害、感染症、心疾患(既往歴を含む)、耐糖能異常など
併用禁忌:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン)
※テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムの投与中~投与中止後少なくとも7日以内は本剤を投与しないこと。

・重大な副作用

骨髄抑制
下痢
肝機能障害

・その他注意が必要な副作用

口腔粘膜障害
食欲不振

・投与に関するポイント

ユーエフティE配合顆粒に含まれているテガフール顆粒は、腸溶性である。胃で溶けず、腸で溶けることによって、悪心・食欲不振などの副作用を抑える働きがあるため、噛まずに内服する。内服を忘れた場合、2回分を1度に内服しないこと。

服薬手帳を活用しできるだけ副作用症状を記入して記録しておくこと。それにより、どの程度の副作用が出現したか確認することができ、治療継続可否のための情報源となる。

・・・

以上、テガフール・ウラシル(ユーエフティ)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-