16.前立腺がん

前立腺がんが進行したときの痛みとその対処法

投稿日:

前立腺がんが進行したときの痛みとその対処法
前立腺がんが進行したときは、痛みを伴うことが多くあります。

骨転移していれば、骨や脊椎の圧迫などで、強い痛みを伴います。リンパ節に転移している場合も、転移がんが神経を圧迫していれば痛みが出る可能性があります。

前立腺に限らず、がんの末期になると、ほとんどの人が中等度~高度の痛みを感じます。特に再発時は、がんがある程度広がっていることが多く、痛みを伴うことが少なくありません。

痛みが1日中続くと、十分な睡眠がとれなかったり、食欲も低下、ストレスによって免疫力も落ちるなど、がんに立ち向かう体力や気力を消失させることがあります。生活の質は著しく低下してしまいます。

■WHOが推奨する3段階方式で痛みを抑制

がんの痛みをとる治療は、ある程度確立されています。がまんせず、医師にどこが痛いのか、どのように痛いのかなど具体的に伝えましょう。

対処法は、WHO(世界保健機関)により、痛みの強さに応じて3段階で行うように示されています(3段階除痛ラダー)。

各段階で使用される薬は決まっており、段階が上がるにしたがって、強い薬を組み合わせます。この方法で8~9割の患者さんは、痛みをとり除くことができます。第2~3段階になると、モルヒネなどに代表される「医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)」が使われます。

医療用麻薬とは、法律で医療用に使用が許可されている麻薬のことです。医師の管理のもとに使用すれば、麻薬中毒や依存症になることはありません。

また、モルヒネには、極量(使用の上限量)がありません。適宜、量を増やしていくことができるので、将来、薬が増量できずに痛みがとれなくなるということはありません。

しびれを伴うような「神経障害性疼痛」に有効な薬が処方されることもあります。痛みの治療は進んでいるので、あきらめずに主治医に相談しましょう。

■3段階除痛ラダー

第1段階では、医療用麻薬ではなく、非オピオイド鎮痛薬などが処方され、NSAIDs(非ステロイド消炎鎮痛薬)が多く使われます。第1段階の薬に弱いオピオイド鎮痛薬を追加するのが第2段階。第1段階の薬に強いオピオイド鎮痛薬を追加するのが第3段階です。

■主治医に痛みを伝えるときは、こんな言葉で

・痛みの強さ
強い、中くらい、軽い

・痛みの経過や性質

いつから、どの部位に

どんな性質(うずく、だるい、押さえつけられる、刺すような、ズキズキ、しびれる、キリキリ、ビリビリ、チクチクなど)

持続しているか、ときどきか

どんなときに悪化するか、軽くなるか

・痛みの影響
眠れない、食欲がわかない、不安になる、イライラするなど

・痛み止めの副作用
吐きけがした、便秘、眠け、胃の痛みなど

以上、前立腺がんの痛みについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-16.前立腺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.