16.前立腺がん

前立腺がん治療後の日常生活で気をつけたいこと

投稿日:

前立腺がん治療後の日常生活で気をつけたいこと

前立腺がんの治療後も外に出て適度に体を動かすことは大切です。

特にホルモン療法を行った人は、筋肉が落ちて新陳代謝が悪くなっているので、ある程度は運動したほうがよいといえます。

推奨されるのは水泳やジョギングなど、深い呼吸をしながら新鮮な空気を体へ送り込む有酸素運動です。手軽なウオーキングから始め、習慣づけるのもいいでしょう。

また、再発がんの早期発見のためにも、定期検診を受けることは重要です。

前立腺全摘除術や放射線療法を行った人であれば、治療後5年間は3カ月ごとに、それ以降は6カ月ごとに(人によって違う)受けるのが平均的です。ホルモン療法なら、LH-RHアゴニスト・アンタゴニストを使用した場合、3カ月ごとに(人によって違う)受けます。

定期検診は、たいてい血液検査のみで簡単に終わり、目に見えない前立腺がんの存在はPSA値で検知できる可能性があります。

■再発を心配しすぎてストレスをためない

ストレスは免疫力を低下させるといわれています。がんになった人は、再発のリスクと隣り合わせで生活することになり、不安をかかえている人が少なくありません。しかし、そのような不安はストレスとなるだけです。

定期検診ではかったPSA値が「上がった下がった」と一喜一憂しがちですが、主治医に「変動の範囲内で、問題ありません」と言われれば、わずかに上がったとしても、気にしすぎる必要はありません。

また、他人と自分のPSA値を比べて落ち込んだりしても、治療法によってPSA値の評価は違いますし、ストレスをためるだけなので気にしないほうがよいでしょう

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-16.前立腺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.