16.前立腺がん

前立腺がんへの最新放射線治療「3D-CRT」と「IMRT」「トモセラピー」とは

投稿日:

前立腺がんへの最新放射線治療

■3次元CTでターゲットをしぼる3D-CRT

放射線療法では、線量が多いほどがん細胞を死滅させることができます。しかし。線量を増やせば、直腸や膀胱など、前立腺周辺の臓器への悪影響も大きくなることは避けられません。

その点を改善したのが3D-CRT(3次元原体照射法)です。3次元のCT(コンピュータ断層撮影)情報に基づいてターゲットをしぼり込み、色分けで表示される精密な放射線量分布のシミュレーション画像によって、照射部位を決定します。

従来の4門照射および回転照射よりさらに高いピンポイント性で、多方向から照射します。ねらった部分にだけ放射線を集中させ、周辺の組織への影響が少ないのが特徴です。
3D-CRTによる治療の対象は転移していない病期T1~T3(局所限局がん~浸潤がん)です。リンパ節転移や遠隔転移がある場合は、対象とはなりません。

■放射線に強弱をつけ副作用を軽減させるIMRT

3D-CRTを、さらに進化させたのがIMRT(強度変調放射線療法)です。この最大の特徴は、ターゲットを前立腺と精嚢にしぼり込んで照射できることに加え、照射範囲の中で放射線の強度を変えられる(変調)ことです。

これにより、前立腺と精嚢への線量は増加させると同時に、直腸や膀胱への線量は低減させることが可能となりました。

たとえば、前立腺の中央部を通る尿道付近への照射は弱め、がんが発生しやすい辺縁域に線量を集中すれば、排尿障害などの副作用を低く抑えることができます。

IMRTの治療の対象となるのは局所限局がん~浸潤がん(T1~T3で、転移がない)です。3D-CRTと同様に、リンパ節転移や遠隔転移している場合は適用されません。

IMRTは2008年4月に健康保険適用となり、利用者は増加傾向が続いています。

■トモセラピー

トモセラピーはCT(コンピュータ断層撮影)装置とリニアック(直線加速器)が一体化したIMRT専用機器です。IMRTは、治療にとりかかるまでの治療計画を立てるのに時間がかかりますが、これなら短縮することができます。

また、CTを内蔵しており、放射線照射の計画表の作成と治療が同じ機器でできるため、照射位置をきわめて正確に設定することができます。その分、合併症も少なくすることができ、患者さんにとっては負担の少ない画期的な治療法といえます。

ただし、高度な機器であるため導入するのに5億円くらいかかり、実施できる施設は国内でも限られているのが現状です。

以上、前立腺がんの放射線治療についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.