09.子宮体がん

子宮体がんの精密検査(二次検査)の方法と内容

子宮体がんの精密検査

子宮体がんの精密検査(第二次検査)では、初回の検査でがんの疑いがある人に対して、細胞を調べる「組織診断」を実施して、子宮体がんか否かを最終的に判定します。

これを確定診断と呼び、がんであれば、次の三次検査でどの程度進行しているかを診断します。

■カラードップラー検査

超音波検査の一つで、動脈流と静脈流が区別できます。正常組織とがんのある部位では血流が異なるため、がん特有の血流波形が検出できます。

■腫瘍マーカー検査(CA125など)

がん細胞が血中に出す特有の物質、たとえば「たんぱく質」などの量を測定して、がんが増殖していないかどうかの手がかりにします。

子宮体がんではCA125、CA19‐9という腫瘍マーカーがよく使われます。

ただし、子宮体がんの腫瘍マーカーは少なく、感度もあまりよくありません。また子宮内膜症、妊娠、腹膜・胸膜疾患、肝硬変、急性膵炎などでも数値が上がり、がんだけに反応するわけでもありません。

そのため、腫瘍マーカーはあくまで参考値として利用します。ただし、治療の効果を判定するときに使用できることがあります。

■コルポスコピー(膣拡大鏡)検査

コルポスコピーとは子宮の出口を拡大してみるカメラです。膣に器具を挿入し、外からカメラで検査を行います。最初はそのまま見ますが、次に酢酸液で染色してチェックします。扁平上皮に増殖が進んでいる箇所があると、白く見えるので、その部分はあとで組織診を実施します。

■子宮鏡検査

ヒステロファイバースコープと呼ばれる細長い管を子宮内に挿入して、手元の画像で内腔を観察し、見える範囲でがんのある部位を確認します。痛みはほとんどありません。ファイバースコープは用途により何種類かあり、処置用では組織を採取することもできます。

■子宮内膜組織診

子宮内膜細胞と周辺組織を採取し、子宮体がんの広がり具合もあわせて確認するために実施します。「掻爬組織診」では、先端がループ状や小さな匙状の細長い器具で子宮内膜を掻き出します。この器具をキューレットといいます。

最近では吸引しながらキュレット(掻爬)できる使い捨てのものがあり、よりシンプルな方法になっています。全面掻爬診は、静脈麻酔をする場合がありますので、入院して行うこともあります。

以上、子宮体がんの検査法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-09.子宮体がん