がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

09.子宮体がん

子宮体がんの広がり転移の有無、進行状態を検査する方法と内容

更新日:

子宮体がんの広がり転移の有無、進行状態を検査する方法

子宮体部にある腫瘍(病変)を採取して調べ、子宮体がんと診断を確定したあと、次のような検査を実施して、がんの進行段階を決めます。

ただし、手術後に切除したがんの細胞や組織を診断すると、この病期診断と異なることがあります。このときは手術後の診断による病期が優先し、正式なものになります。手術ができない病期では、これらの検査での診断になります。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

内診

必要に応じて、膣鏡を使った診断を行い、がんの広がりを調べます。

直膓診

卵巣と子宮の癒着、大腸への転移を確認します。

基靭帯(きじんたい。子宮をささえている靭帯でリンパ管が通っている)やダグラス窩(だぐらすか。子宮と直腸の間のくぼみ)周辺へのがんの広がりの有無を確認するために行います。

手袋をした指を肛門にいれ、直腸壁ごしに膣や子宮、卵巣の大きさ、硬さなどの感触を確かめ、大きさや浸潤の有無を検査します。

超音波検査法

卵巣がんの大きさ、形、広がり、転移状況を確認します。腹水の有無もわかります。子宮体がんでは、子宮内膜の厚さや筋肉層への浸潤の有無・程度を見ます。第一次検査の時にも使用されますが、放射線の被曝の心配がありません。

CT(コンピュータ断層撮影装置)検査

装置内に入り、人体へのX線の透過をコンピュータ処理して、断面画像を確認します。がんの大きさ、リンパ節や腹腔内の臓器への転移などを見ます。造影法を用いると血流の豊富さや出血や壊死部がわかります。レントゲンより高い放射線の被曝があるので、妊娠中や妊娠の可能性がある場合は避けます。

MRI(磁気共鳴画像法)検査

磁場をつくることで、体内の水素原子の変化をとらえ、体の縦横の立体的な断面画像を確認する方法です。画像が鮮明で臓器や腫瘍の性状なども診断できます。周辺臓器や他の臓器への転移を見るのにも適しています。

がんの広がりも分かるので、手術の際、摘出すべき範囲も想定ができます。CTとちがってX線の被曝がありません。

胸部X線検査

リンパ節など、胸部への転移を確認するために、X線撮影を利用します。

胸水・腹水細胞診

胸水・腹水がある場合、それを採取してがん細胞の有無を顕微鏡で確認します。

PET(陽電子放射性画像撮影)検査

ブドウ糖分子に陽電子を結合させた薬剤を血管内に注射して、その分布状態を画像で見る装置です。がん細胞は、ブドウ糖の消費量が正常細胞より多いため、細胞内に取り込まれ、ホットスポット(周囲より濃度が高い部分)として映ります。

がんの広がりや転移部位を診断します。ただし、炎症などの部位でも取り込まれたり、尿路系や消化管内へも排泄されるため、鑑別診断が必要です。

PET/CT

PETとCTを一体化した装置です。一回の検査で全身が見えますが、小さい腫瘍は映像に出ないおそれもあります。また、発育が遅いがんや境界悪性腫瘍では、陰性に出ることもあります。

したがって、ホットスポットとして陽性に描写されれば、がんなどの腫瘍の可能性が高い反面、小さながんが発見できない場合も出てきます。逆に炎症などでホットスポットとして描写されれば、映像上はがんと区別できないこともあります。

以上、子宮体がんの検査法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-09.子宮体がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.