07.乳がん

乳がんで使われる抗がん剤の組み合わせ(CMF、AC、FEC療法など)

投稿日:

乳がんで使われる抗がん剤の組み合わせ

乳がんの抗がん剤治療は、2~3種類の薬剤を組み合わせて使う「多剤併用療法」で効果が確認されているものも多く、ドキソルビシン(アドリアシン)、エピルビシン(ファルモルビシン)などのアンスラサイクリン系薬剤は、主に多剤併用療法によって用いられます。

これらにはアフファベットの頭文字をつかって、次のような名称がつけられています。

【乳がんで行われる代表的な抗がん剤治療(多剤併用療法)】

CMF、AC、FEC療法など

ドキソルビシンを含むのはACやCAF(またはFAC)、エピルビシンを含むのはECやFEC、CEFなどの治療法です。

タキサン系薬剤にはドセタキセル(タキソテール)とパクリタキセル(タキソール)の2つの薬剤があり、主に単剤で使われます。よく行われるのは、ドセタキセルの3週毎投与、パクリタキセルの毎週投与です。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-07.乳がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.