26.メンタルケア

がんを告知された家族が落ち込んでいるとき

投稿日:

がんを告知された家族が落ち込んでいるとき

がん患者さんの苦痛は、体だけでなく心にももたらされます。

心へのストレスは、多くの人が同じようなプロセスをたどり、そのあとに病気を受け入れられることが多いです。

まずはじめに起きるのが、がんの告知や再発・転移を知らされたときの、衝撃や否定、絶望の感情です。あまりのショックで、何の感情もわかなかったり、自分のことでないような非現実的な心理になることもあります。

■抑うつ状態の時期から立ち直りの時期へ

その後、現実逃避の時期が過ぎると、不安や悲しみが交互に襲ってきたり、不安定な精神状態から呼吸困難、不眠、食欲不振など身体的な症状が現れるようになります。

そして、こうした抑うつ状態の時期が過ぎると、徐々に心が落ち着いていき、日常の自分自身を取り戻していきます。こうした心のプロセスは、告知や再発・転移のときだけでなく、治療の間、何度もくり返します。

■立ち直りの状態とは

病気に向き合い、前向きに治療に取り組むことは大切ですが、無理に明るく元気を装うことが立ち直ることではありません。元来おとなしい性格の人が、がん治療のために積極的にならなければと無理をしても、そのギャップがストレスになることもあります。

■心の動きのプロセス

がんの告知、検査結果への不安、再発の疑い、転移が認められたとき、抗がん剤が効かなくなったときなど

①衝撃・否定・絶望(1週間程度)

・何の感情もわかない
・現実のように思えない
・「きっと何かの間違いだ」という否定的感情
・「もうおしまいだ」という絶望感
・「治療なんて、どうせ無駄だ」という挫折感

②抑うつ状態(1~2週間程度)

・不安や悲しみが交互に襲う
・気分が落ち込む
・「どうして自分だけがこんな目にあうのか」という怒り
・「体調管理が悪かったせいだ」という自分を責める気持ち
・「もう普通に生活できない。自分は1人だ」という孤独感、疎外感
・集中力の低下
・呼吸困難や不眠、食欲不振など身体的症状

③再適応・立ち直り

・心が徐々に落ち着いてくる
・日常の自分を取り戻す
・病気を受け入れて、生きることへの意欲がわいてくる
・外部の人たちと積極的に関わりを持とうとする

以上、がんに伴うメンタルケアについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-26.メンタルケア

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.