25.抗がん剤・分子標的薬

パクリタキセルの費用(値段)と治療期間

パクリタキセルの費用(値段)と治療期間

胃がんなどに使われる抗がん剤、パクリタキセルは1週間ごとに点滴し、3回行ったら1回休みます。症状の悪化や重い副作用がなければ繰り返します。アレルギーの予防のため抗ヒスタミン薬やステロイド薬を必ず事前に投与されます。

■注意点

外来での通院治療が可能です。点滴液の中にアルコールが含まれるため、お酒にきわめて弱い人には向きません。また、投与後は車の運転はできません。まれですが、問質性肺炎という菫篤な副作用が起こることもありますから、空咳、息切れなどの症状が見られたらすぐに担当医に連絡しましょう。

3週間に1回の投与法もありますが、副作用の軽減のため毎週少量分割投与で使われることが増えています。

■投与期間と費用

1コースの期間:4週間

総コース数:効果があれば継続されます。

おもな副作用:食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢、口内炎、発疹、白血球減少、関節痛、むくみ、脱毛、間質性肺炎など

1コースあたりの薬剤費(保険適応前):4万769円

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬