25.抗がん剤・分子標的薬

ハラヴェンの費用(値段)と治療期間

投稿日:

ハラヴェンの費用(値段)と治療期間

乳がんに使われるハラヴェン(エリブリン)はステロイド薬を15分かけて静注した後、毎週1回、2~5分かけて静注します。これを2週続けたら、1週休みます。

FEC療法やCAF療法、AC療法といったアンスラサイクリン系(ドキソルビシンやエピルビシン)とタiキサン系薬剤(ドセタキセルやパクリタキセル)の治療が効かなくなった乳がんが対象です。

■注意点

重要な副作用として、骨髄抑制、感染症、末梢神経障害、問質性肺炎などが挙げられます。とくに骨髄抑制は最初の1週間ぐらいで起こることが多いようです。このほかに口内炎も報告されています。

■投与期間と費用

1コースの期間:3週間

総コース数:効果があれば継続されます。

おもな副作用:骨髄抑制、感染症、末梢神経障害、間質性肺炎など

1コースあたりの薬剤費(保険適応前):38万4440円

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.