05.肺がん

肺がんで使われる薬の種類

投稿日:

肺がんアバスチン

肺がんでよく使われる抗がん剤は、次の通りです。

■肺がんによく使われる薬

・抗がん剤

<プラチナ製剤>
シスプラチン(CDDP):製品名ブリプラチン、ランダ、プラトシン
力ルボプラチン(CBDCA):製品名パラプラチン

<植物アルカロイド>
パクリタキセル(TXL):製品名タキソールなど
ドセタキセル(TXT):製品名タキソテール
ビノレルビン(VNR):製品名ナベルビン
イリノテカン(CPT-11):製品名カンプト、トポテシン
エトポシド(VP-16):製品名ベプシド、ラステット

<代謝拮抗薬>
ゲムシタビン(GEM):製品名ジェムザール
ペメトレキセド(PEM):製品名アリムタ

<抗がん性抗生物質>
アムルビシン(AMR):製品名カルセド

・分子標的薬

ゲフィチニブ:製品名イレッサ
エルロチニブ:製品名タルセバ
ベバシズマブ(BEV):製品名アバスチン
クリゾチニブ:製品名ザーコリ

■年々増える薬の種類

このなかでも、09年に承認されたペメトレキセド(アリムタ)は広く普及しており、最近は初回治療で使われています。副作用軽減のために、治療開始1週間以上前から葉酸とビタミンB12の投与が必要です。

肺がんの治療薬では、分子標的薬のゲフィチニブの登場は画期的なニュースでした。がん細胞の表面にはEGFRと呼ばれるタンパクがたくさん出現していて、このタンパクからの信号が細胞内に伝わると、がん細胞が増殖します。

ゲフィチニブは、この信号の伝達を止めることで、がん細胞の増殖を抑えたり、がんを小さくしたりすると考えられ、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)と呼ばれます。

ゲフィチニブは以前、東洋人、女性、非喫煙者、腺がんという条件をもつ人が効きやすいといわれていました。当時副作用のことで社会問題になりましたが、その後の原因の分析や研究結果から、実際にゲフィチニブの効果が期待できるのは、EGFRの遺伝子に変異がある人ということが明らかになりました。EGFR陽性は腺がんの半分を占めます。

また、エルロチニブはEGFRの遺伝子変異が陰性の人にも効果を示す可能性があります。

12年3月にはEGFR-TKIとは違う作用の分子標的薬クリゾチニブが承認されました。これはALK阻害薬と呼ばれ、非小細胞がんの中でALK融合遺伝子をもっている人が対象です。対象となるのは肺がん患者さんの約5%に過ぎませんが、がんを縮小させる効果が期待できます。

以上、肺がんの治療薬についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-05.肺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.