11.腎臓がん

腎臓がんと似ている良性の腎臓腫瘍とは

更新日:

hospi77422

腎臓がんの検査では針生検をして細胞を採取することをしません。そのため、画像の様子から腎臓がんかどうかを判別することが基本ですが、手術してからはじめて判別されることもあります。

■腎臓がんと似ている良性の腎臓腫瘍

1)単純性腎嚢胞
・50歳以上の約50%に認められるとされている。

2)皮質線腫
・組織学的にがんとの鑑別は困難。

3)後腎性線腫
・腫瘍の平均的な大きさは5.5cm。
・術前診断は困難。

4)オンコサイトーマ(oncocytoma)
・画像診断、臨床像とも腎細胞がん(特に嫌色素性)との鑑別は困難。
・経皮的針生検も鑑別上の意義は少ない。
・腎細胞がんとの合併も少なくないので、外科的切除が基本となる。

5)血管筋脂肪腫
・50~60歳代の女性に多い。思春期前には、ほとんどみられない。
・結節性硬化症に伴うものが20%で、多発、両側性が多い。
・鑑別診断
CTで脂肪成分が少量でも認められれば、AMLの可能性が高い。
14%ではCTで脂肪成分がみられず、脂肪成分が少ない。AMLの診断は困難である場合が少なくない。
腎細胞がんと異なり、MRI(またはCT)で偽被膜がないことが、診断の一助になる。
・AMLからの後腹膜出血。
4cm以上では出血のリスクが高い。
軽症:貧血、高血圧。
重症:10%、側腹部痛、血尿、腫瘤触知、出血性ショック。適切に対応しないと致命的になる場合がある。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-11.腎臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.