24.放射線治療

がんの放射線治療に関する副作用への対策

投稿日:

放射線治療に関する副作用への対策

・だるさや疲れ、乗り物に酔ったような症状

無理な運動などは控え、休息をとる。

・白血球の減少
人ごみを避ける。外出時はマスクを着用し、帰宅後はうがいと手洗いを行う。場合によっては白血球を増やす薬を使ったり、一時的に入院して治療を行うこともある。

・赤み、かゆみ、皮膚のほてり

かいたりこすったりして、皮膚に刺激を与えない。直射日光を避ける。冷たいタオルなどでやさしく冷やし、冷やしすぎないようにする。炎症やかゆみを抑える軟膏を処方されることもある。市販薬を勝手に塗らないようにする。

・脱毛

照射後に頭部を冷やす。洗髪はぬるま湯でやさしく行う。帽子、スカーフやバンダナ、医療用のかつら(ウィッグ)などを活用する。

・口の渇き、口内炎

口の中を清潔にして、こまめにうがいをする。歯磨きは、固いブラシは避け、柔らかめのものでやさしく行う。口が渇いてものがうまく飲み込めないときは、医師に確認後、市販の代用唾液を使用するのもよい。口内炎ができたら医師や看護師に相談する。うがい薬や痛み止めなどを処方されることもある。

・吐き気

無理せず食べられるものを少しずつ食べる。吐き気が強いときは医師に相談をする。(吐き気止めが処方されることがある)

・下痢

水分を十分に摂取し、消化のよいものを食べる。下痢がひどいときは医師に相談をする。下痢止めや整腸剤を処方されることがある。

以上、放射線治療についての解説でした。

私がサポートしている患者さんでも放射線治療を受けている方は多くいます。手術に比べてダメージが少ないですが、再発のリスクや後遺障害のデメリットもあります。

がんと闘うためには総合的なアプローチが必要です。

詳細はガイドブックにまとめていますので、興味のある方は読んでみてください。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-24.放射線治療
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.