24.放射線治療

がん治療 定位放射線照射とガンマナイフ

投稿日:

がん治療ガンマナイフ

正確な放射線の照射方法として、放射線の発生装置を回転させながら照射する方法が用いられています(回転照射)。

体のさまざまな方向からがんを狙えば、がんにより多くの放射線を当てることができます。さらに、最近では照射時の位置決めの精度が向上したため、前日と0・5ミリと変わらず同じ位置に照射することができます。

そこで脳腫瘍、副鼻腔がん、咽頭がんなどの頭部や首の腫瘍に対しては、照射の範囲を非常に小さくし、放射線ががんの存在する一点に集中するように多方向から照射します。こうすれば、まわりの正常な組織は、それほど多くの放射線を受けずにすみます。

またこのときには、頭部を固定具で動かないようにし、その固定具の目盛りで決まった座標の点に対して照射を行います。そこで、これを「定位放射線照射」と呼びます。この原理を用いた治療装置が「ガンマナイフ」です。

■ガンマナイフとは

ガンマナイフは、ヘルメット型の固定具の内部に、多数のガンマ線発生源(コバルト60)を取り付けたものです。これらから一点を狙ってガンマ線を放出すると、放射線はナイフのような切れ味を見せ、がんを破壊します。

ガンマナイフはいまでは広く普及している装置のひとつです。現在では、高エネルギーの電子の流れ(電子線)を発生するリニアック(線形電子線加速器)などの照射装置でも、定位照射を行うことが可能になりました。

この治療法は、脳内、頭部、それに首(頸部)にできた良性腫瘍やがん、転移性の腫瘍などに対し、高い治療効果を示します。頭部や首は骨などに囲まれているので、患者が静かに横になっているときにはほとんど動きがありません。そのため、狙った位置に正確に照射しやすいといえます。

以上、放射線治療についての解説でした。

私がサポートしている患者さんでも放射線治療を受けている方は多くいます。手術に比べてダメージが少ないですが、再発のリスクや後遺障害のデメリットもあります。

がんと闘うためには総合的なアプローチが必要です。

詳細はガイドブックにまとめていますので、興味のある方は読んでみてください。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-24.放射線治療
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.