05.肺がん

非小細胞肺がんの標準的な治療方法とは

非小細胞肺がんの標準的な治療方法

非小細胞肺がんの標準的な治療方法

非小細胞がんでは、基本的に病変(がんと疑われる部分)が局所にとどまっていて、切除可能な早期のステージ(I期またはⅡ期)ではには手術が標準的な治療法です。

それに対し、病変が拡がった進行んでは、局所療法である手術では対応しきれないため、放射線や化学療法が中心になります。基本的に局所進展肺がん(ステージⅢ期)では、手術あるいは放射線と化学療法を併用し、遠隔転移がんのある病期(ステージⅣ期)は、化学療法が唯一の選択肢となります。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-05.肺がん
-