05.肺がん

病院で行われる肺がんの標準的な治療方法とは

更新日:

肺がん治療方法

肺がんは臨床病期(ステージ)の早い段階(ステージI期またはⅡ期)でないと、根治的な治療(目に見えるがんを全て取りきる治療)が難しいといえます。

しかし、ステージⅠ期やⅡ期では自覚症状がない場合が多く、検診などで早期発見するしか方法がないので、早期で治療を受けられる人は少数です。

肺がんはがんのタイプ、ステージによって治療法が決まる

肺がんの治療法はがんの種類や進行度、そして患者の全身状態によって決定されます。具体的には、

1.肺がんの種類(組織型)は、がん病変を詳しく顕微鏡でみて決定します。

2.がんの進行度は、原発腫瘍の進展度(T)、リンパ節転移(N)、遠隔転移(M)で分類される「TNM分類」からステージを決定します。

3.患者の全身状態は、年齢や体力、各臓器の状態、合併症などから確認します。

病院で受けられる治療法は手術・放射線・化学療法の3つ

肺がん治療の基本は手術療法、放射線療法、化学療法の3つです。これら3つの療法のなかから、がんの種類や進行度、全身状態を考慮して、どの療法を選択するか、またどの療法を組み合わせて治療するかを決定します。

ちなみに、手術と放射線治療は特定の限られた部位を対象とする局所療法です。いっぽう、化学療法(薬を使った治療)は肺および全身のがん細胞を対象とする全身療法です。

肺がんの治療法はがんの種類、たとえば非小細胞がんか小細胞がんかによって変わります。非小細胞がんの腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんは治療法が似ています。しかし小細胞がんは、非小細胞がんと比べて進行が早いことが多く、放射線療法や化学療法が効きやすいという特徴があるため、手術が選択されることは少ないです。

以上、肺がんの治療についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.