05.肺がん

肺がんのタイプと分類方法

投稿日:

肺がんのタイプと分類方法

肺がんは胃がんなどのがんと異なり、多彩なあらわれ方をするがんです。

一般に「肺がん」と一括りでいわれますが、実際にはさまざまな種類があります。発生しやすい場所や拡がり方、病理組織像、発見や治療の方法など、いろいろな観点から分類されます。

■肺がんは大きく4種類に分けられる

肺がんは通常、10種類以上に分けられます。そのなかで、頻度の高いものは腺がんと扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんの4種類です。これらは、病理組織上の違いによる分類です。

日本でもっとも多い肺がんは、腺がんです。すべての肺がん罹患数の過半数を占めています。腺とは胃腺など分泌液を出す細胞で、がんの細胞がそれによく似ているため腺がんと呼ばれます。ほかの種類の肺がんと比べても、腺がんはあらわれる症状がとても多いがんです。

つぎに多い肺がんは扁平上皮がん(約30%)で、タバコを吸う人がよく発症します。扁平上皮は皮層などの細胞とよく似ています。

残りの、小細胞がんは約20%、大細胞がんは数%を占めます。この2つのがん細胞は正常な細胞とは似ていない細胞で、大きさの違いで小細胞がん、大細胞がんに区別されます。

■肺がんが発生しやすい場所

肺がんが発生しやすい部位や発見方法などを基準として、肺門型(はいもんがた)と肺野型(はいやがた)の2つに大別する分類法があります。肺門型は中心型とも呼ばれ、気管に近い位置にある太い気管支にできるがんです。それに対し、肺野型は末梢型とも呼ばれ、肺の奥のほうの細い気管支や肺胞にできるがんです。

病理組織の分類との関連では、扁平上皮がんと小細胞がんは肺門型が多く、腺がんと大細胞がんは肺野型が多くなります。

■治療効果を基準とした分類も

治療の効きやすさを基準にして、小細胞がんとそれ以外の非小細胞がんの2つに分類することもあります。

小細胞がんは進行速度が早く、転移もしやすいために悪性度が高いがんですが、非小細胞がんと比べると、抗がん剤や放射線治療などが効きやすいという特徴があります。反対に、非小細胞がんはゆっくりと進行しますが、抗がん剤や放射線治療などが効きにくいという特徴があります。

以上、肺がんについての解説でした。

肺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.