05.肺がん

肺がんが拡がりやすい場所とその症状

更新日:

joi

肺がんの場合、肺以外の周囲にがんが進展する(拡がる)ことで、さまざまな症状があらわれます。

1.肺野型の肺がんは胸膜に近いため、がんが胸膜を侵すと胸に水が溜まり(胸水貯留)、胸が痛くなる(胸痛)ことがあります。

2.肺の1番上の部分(肺尖部。はいたんぶ)にがんができると、近くを通っている腕を動かす神経にがんが拡がり、腕が痛くなったりしびれたりします。これを、パンコースト症候群といいます。

3.胸の真ん中の部分(縦隔)には大きな血管や心臓などが入っていますが、ここにがんが拡がると、上半身から心臓に血液が戻りにくくなり、顔や腕がむくみます。これを、上大静脈症候群といいます。

4.発声をコントロールする神経(反回神経)にがんが及ぶと、声がかすれます(嗅声)。
5.がんが横隔膜にまで及ぶと、呼吸困難になることがあります(横隔神経麻揮)。

6.首の神経にがんが拡がると、がんのある側のまぶたが垂れ下がって瞳孔が小さくなり、顔の半分で汗をかきにくくなるなどの症状が起きます。これを、ホルネル症候群といいます。

また、肺がんは隣りあっている臓器や組織だけでなく、遠くの臓器にも転移することがあります(遠隔転移)。その際、肺がんとはまったく関係なさそうに思える症状が出ることもあります。たとえば、脳に転移した場合は頭痛、骨に転移した場合は肩痛や腰痛などが生じます。

そのほかにも腫瘍ができたときに出やすい症状があります。たとえば肺がんの70%でみられる「ばち指」は、太鼓のばちのように指先が太くなった症状です。また、小細胞がんでは、腫瘍から過剰にホルモンがつくられて、つくられたホルモンによってさまざまな症状が出ます。

ほかにも、神経や筋肉が障害されて筋肉の力が低下したり、皮膚に色素沈着や皮層筋炎がみられることがあります。

以上、肺がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.