03.胃がん

胃がんの「腹腔鏡手術」が対象になるのは?

更新日:

胃がんの「腹腔鏡手術」

胃がんで内視鏡治療の対象にならなくとも、ステージとして早期がんの人の治療には、「腹腔鏡手術」が適しています。

腹腔鏡手術とは、お腹に2~10mmの小さな穴を4カ所ほどあけ、そこから「腹腔鏡」と呼ばれる小型カメラや器具を入れ、炭酸ガスでお腹を膨らませ、モニターを見ながら病巣とその周囲の胃の切除をする方法です。

胃がんの治療だけではなく、胆のうポリープ、大腸ポリープ、大腸がん、子宮筋腫、卵巣のう腫など、さまざまな病気の手術にこの腹腔鏡が使われています。最初は、良性の病気に使われることの多い手術法でしたが、最近ではがんの治療にもずいぶん使われるようになっています。

一般的な開腹手術と違って小さな穴をあけるだけなので、患者の負担は少なくてすみます。当然、術後の痛みは少ないですし、回復も早く、3~10日で退院できます。

患者にとってはメリットが大きい治療法ですが、いまだに早期がんであっても、お腹を切る普通の開腹手術をしている病院もあります。それどころか、内視鏡治療で十分なものに、開腹手術をするところもあるくらいですから、開腹といわれたら他の病院でもセカンドオピニオンを受け、本当に選択肢がないのかを確認するようにしましょう。

もちろん、開腹手術が必要なこともありますが、お腹に大きくメスを入れられると、手術後も腸の癒着が起こりやすく、後の生活に大きな負担となる場合があるという問題があります。

■胃がんで開腹手術が必要なケース

内視鏡治療や腹腔鏡手術という、比較的負担の少ない治療法で済めばよいのですが、胃がんの場合、がんを治すためには、従来どおりの開腹手術を受けなければならないこともあります。開腹手術が必要なのは、進行がんの人です。

それから、早期がんであっても胃の入り口付近(噴門といいます)にぱらぱら型のがんがある場合には、腹腔鏡手術ではなく開腹手術になることがあります。どの部位にがんがあっても粘膜にとどまっている場合は、内視鏡で開腹せずに切除できる可能性があります。

以上、胃がんの手術についての解説でした。

胃がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-03.胃がん
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.