08.子宮頸がん

進行した子宮頸がんの化学療法(抗がん剤治療)

進行した子宮頸がんの化学療法

子宮頸がんが骨盤外に転移しているなど、進行したステージ(ステージ4)では手術や放射線治療は適応外となります。手術や放射線はあくまで局所的な治療法なので、範囲が広くなると対応しきれない、ということです。

ステージ4の場合は主に点滴での化学療法(抗がん剤治療)になります。がんの勢いが止まり病状が好転すれば、子宮頸部に放射線を当ててさらなる縮小をはかることもあります。

■子宮頸がんの化学療法の進め方

ステージ4の子宮頸がんでは、診断時に骨盤の骨転移、胸部大動脈周囲や左右の気管支周囲のリンパ節転移、鎖骨上のリンパ節転移、肺転移、肝臓転移などが認められる状態です。この状態にあるとき、医療行為としては化学療法のみが適応となり、投与計画が立てられます。

一般的な化学療法のプログラムは、扁平上皮がんに対してはイリノテカン(カンプト)60mg/㎡(体表面積)を第1日目と第8日目に投与し、ネダプラチン(アクプラ)80mg/㎡を第1日目に投与する方法です(CPT-NED化学療法)。

腺がんであれば、ドセタキセル(タキソテール)60mg/㎡とカルボプラチン(パラプラチン)175mg/㎡を第1日目に投与します(DC化学療法)。これらの化学療法は、3~4週間ごとに反復して行います。

■抗がん剤が効かない場合

子宮頸がんが化学療法で改善しないと、QOL(生活の質)は急速に悪化し、1年生存は難しくなります。この場合はベスト・サポーティブ・ケア(BSC)といわれる対処療法に専念することになります。

便や尿が漏れ出るてしまう場合には、人工肛門をつくり、また尿排泄路を新しくつくります。また、性器出血がひどければ、動脈内に小金属コイルなどで作成した詰め物で、主なる栄養動脈を閉塞させて止血します。

骨転移で痛みが強い場合や骨折の恐れが強い場合は、緩和的照射(1回線量を多く、例えば6グレイにして5回照射、合計30グレイ)で鎮痛を図り、骨折を予防します。子宮頸がんでは脳転移は少ないですが、意識障害を起こしたりしてQOLを悪化させますので、転移が確認されたら定位放射線治療(ガンマナィフ)が行われます。

■抗がん剤の効果がみられる場合

効果がみられれば化学療法をいったん休止して、骨盤内の原発がんに対して放射線を当てることが検討されます。

しかしステージ4の子宮頸がんを制御することは、現代医学では困難です。化学療法が一時的に有効であってもじょじょに効果は薄れ、がんの増悪傾向が顕著になります。

以上、子宮頸がんの化学療法についての解説でした。

子宮がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-08.子宮頸がん
-