04.大腸・直腸がん

大腸がんの病院選び

更新日:

大腸がんの病院選び

大腸がんと告知されたとき、まずは慌てずにがんがどこにできたのか、どんな治療が受けられるのかを冷静に把握することが大切です。手術ができるなら早いほうが良いといえますが、一般に大腸がんは進行がゆっくりなので、1~2週間は誤差の範囲だといえます。時間をかけて専門の信頼できる医師を探すことが大事です。

入院を決めるのはは専門医を受診して、信頼できると判断してからでも遅くありません。以前は何の連絡もなく入院を2~3週間待たせる病院も多かったですが、最近は理由も伝えずに待たせる病院は少なくなりました。

逆に、すぐ入院手術しないと命があぶない、とおどしたりする医師や病院は敬遠すべきだといえます。手術までには諸検査に1週間から10日は必要で、十分検査してから手術を受けることが大切です。インフォームド・コンセントの時代ですから医師と患者がきちんとがんについて同じ共通理解をし合意することが大切です。

いわゆる"名医"や有名大学教授の肩書はあまり信用になりません。確かに医学に功績があっても、医療行為については必ずしもそうではない、ということもあります。また、狭い一部門のスペシャリストがいても他部門はそうでもないことも多いです。有名大学の外科教授で胃の手術もできない"名医"がいたりします。さらに、大腸がん専門の教授は、多くはいません。

大学病院は医学研究や教育にすぐれていても、医療技術は二流、三流であることがしばしばです。医療技術やサービスは、おおむね大きな市民病院のほうが上である傾向があります。外科治療を受けるのに必要なのは、医学知識よりもすぐれた外科技術です。

大学教授が最高の治療を提供するというのは昔の話です。多額の謝礼金を渡して大学教授に頼んだと得意になるのは、まったく愚かなことだといえます。

また、病院を選ぶことも大切です。手術がうまく行われても、不測の余病や合併症が起こらないとは限りません。手術がきっかけでふだんの持病が悪化する、たとえば心臓がおかしくなることもあり、そのときに他科の専門医の応援が必要です。

大学病院は講座制、縦割制で教授の権威が強く、他科との連携がスムーズにいきにくいという風潮がながらく存在しています。大学病院にこだわらず総合病院も視野に入れて、専門性の高い病院を選ぶことが大切です。

以上、大腸がんの病院に関するお話でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-04.大腸・直腸がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.