25.抗がん剤・分子標的薬

抗がん剤の副作用「口内炎(口腔粘膜炎)」の治療と予防

更新日:

口内炎

抗がん剤の副作用というと、嘔吐や脱毛などを想像する人が多いと思いますが、口内炎も多発する副作用の1つです。口内炎は化学療法を受けた患者さんの約40%に発生しています。

抗がん剤はがん細胞と同時に正常細胞も攻撃してしまいます。もっともダメージを受けやすいのは細胞分裂が盛んな細胞です。脱毛しやすいのは毛根の細胞分裂が活発なためですが、口腔内の粘膜も同じように活発な細胞なのでダメージを受けてしまうのです。

口内炎といっても、普段なってしまうものとは違い、重度の場合は痛くて食事を摂るどころか水も飲めないという状況になる場合もあります。口の中が痛いというのは日常生活においてはとても辛い症状です。

■どの抗がん剤で口内炎は起きやすいのか

口内炎を起こしやすいのは、ブレオ、ダウノマイシン、アドリアシン、ダクチノマイシン、イリノテカン、エトポジド、5-FU、メソトレキセート、TSー1、ゼローダ、キロサイド、ジェムザール、ハイドレア、アルケラン、エンドキサン、シスプラチン、タキソール、タキソテールです。

■どのタイミングで副作用が現れるのか

口内炎は抗がん剤の投与後、4~5日経過後に現れることが多いです。粘膜に痛みを感じたり、腫れたり、粘膜自体がはがれたりします。症状は2週間くらい続くことになります。

■治療と対策

抗がん剤による副作用ですので、薬を続けている限りは続くことになってしまいます。そのため、一度でてしまった副作用を軽減させるのは難しく、薬の投与を休止するなどの対策をせざるを得ません。ビタミンの補給などは必要ですが、抗がん剤の影響というのはそれらの効能をはるかに超えるので副作用が起きたあとでの回復は難しいといえます。

そのため、抗がん剤を投与するまえに、口の中をケアすることが大切です。なぜかというと、歯垢や歯石が多く、口腔内が不潔な状態だと口内炎が起きたときに重症化しやすいためです。

そのため、最近では抗がん剤治療を受ける前に口腔ケアをすすめる病院も増えてきています。対策としてはまず歯石の除去を行い、その後はしっかり食後の3回歯磨きを行うことが大切です。

電動ハブラシを使い、力を入れずに歯と歯肉の隙間に当てて軽くブラッシングするように磨くのが理想的です。電動なら勝手に毛先が動くのでゴシゴシしないので疲れません。時間をかけて丁寧に磨きます。上の歯を5分、下の歯を5分くらいの時間をかけて磨くとおよそきれいな状態になります。

その後、マウスウォッシュを使うとより効果的です。できるだけ歯垢がなく、清潔な状態で治療に臨むことがとても大切です。また、普段の食事やサプリメントからビタミンやミネラルを摂取しておくことも粘膜を強くする重要な要素です。

以上、口内炎についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.