24.放射線治療

がんの密封小線源治療とその仕組み

密封小線源治療とは?

密封小線源治療は、脳腫瘍、中咽頭がん、頭頸部がん、舌がん、前立腺がん、気管支腫瘍、食道がん、胆管がん、乳がん、子宮頸がんなどのさまざまながんの治療に適用されます。

密封小線源治療は、外部照射法よりもがん病巣への線量集中性が高く、周囲の正常組織への有害事象が少ないということが特長です。

また、一般的に小さながんでは治療効果は高くなります。

早期がんでなくても外部照射法と組み合わせることによって治療効果が上がります。密封小線源治療には、さまざまな放射線源が用意されています。

密封小線源治療は、腔内照射法と組織内照射法に分類され、それぞれの照射法には高線量率照射法と低線量率照射法があります。

腔内照射法は食道がんや子宮頸がんなど、管腔臓器に放射線源を挿入して治療する方法です。いっぽう組織内照射法は、舌がんや前立腺がんなどの組織に放射線源を刺入したり埋め込んだりして治療します。

密封小線源治療

この組織内照射法に用いられる放射線源には、一時刺入線源と永久刺入線源があります。

一時刺入とは、がん病巣に放射線源を一時的に刺入し、治療計画で計算した照射時間が経てば、線源をがん病巣から抜去する方法です。永久刺入とは、放射線の透過力の弱い放射線源をがん病巣に永久的に埋め込む方法です。

つかわれる放射線源

放射線源は、放射性物質を金属カプセルに封入したものです。密封線源とも呼ばれます。
密封線源の中で放射能の強度が大きいものを密封大線源、小さいものを密封小線源と呼んでいます。

前者はガンマナイフなどに用いられ、後者は腔内照射用のアフタローディング(後装填)法や組織内照射法に使用されます。

密封線源にはガンマ線やベータ線を放出するものがありますが、多くの密封線源はガンマ線を放出するものが使用されます。

密封小線源には、セシウム137線源、イリジウム192線源、金198線源、ヨード125線源などがあり、管、針、ワイヤ、粒状などの形状の容器に密封されています。子宮頸がん治療用の線源には、イリジウム192線源やコバルト60線源が用いられています。

 

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-24.放射線治療
-