24.放射線治療

がんの放射線治療法「IMRT(強度変調照射法)」とは?そのメリットとデメリット

投稿日:

imrt642242

IMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy)は、強度変調照射法という放射線治療法の1つです。

ひとことでいえば、「照射野内で線量分布が変化するように複数のビームを組み合わせて照射する方法」です。

最新コンピュータ技術を駆使し、複雑な形状のがん病巣に対応して線量をコントロールできる方法で、がん病巣に凹凸があっても、その形状に合わせた線量分布を作ることができます。

放射線医師が思い描く通り、照射したいところに思い通りの線量を照射できる技術だといえます。

IMRTのメリット

  1. がん病巣の形状に合致して線量を集中できる。
  2. 照射野内に不均等化した線量分布を作成できる。
  3. 照射野のマージン(余裕)を小さくできる。
  4. その結果、正常組織への照射線量と有害事象を減少できる。
  5. ドーズエスカレーションが可能になる。
  6. 効率的な治療計画と正確な照射ができる。
  7. 原則的にどんな形状の線量分布も作成できる。

メリットは豊富ですが、欠点もあります。

IMRTのデメリット

  1. 治療計画の自動化が必要である。
  2. 治療計画から照射までにかなりの時間がかかる。
  3. 肺がんなどの動く臓器に呼吸同期装置を用いる必要がある。
  4. 治療装置は周辺機器を含めて高価である。

このような欠点がありますが、2016年時点ではIMRTはかなり先進的で有益な照射法です。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-24.放射線治療

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.