がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

07.乳がん

乳がんと遺伝の関係

更新日:

womens

乳がんには、遺伝が関係して起こるものとそうでないものがあります。

欧米では乳がん患者さんの10~20人に1人でその発病に遺伝が関係しているといわれていますが、日本ではそれと同じか、やや少ない程度と考えられています。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

遺伝が関係する乳がんと関係しない乳がん

乳がんに限らず、がんという病気はからだの細胞の遺伝子が何らかの原因で変異し、異常に増殖するものです。多くの乳がんは、もともと異常のなかった乳腺細胞の遺伝子に、何らかの原因でダメージが起きたために発病します。そのため、これらの乳がんは子供に遺伝することはありません。

いっぽう、遺伝が関係する乳がんは、親から受け継いだ遺伝子そのものに異常があるため、生まれつき乳がんを発病しやすいリスクをもっていることになります。こうした遺伝子の異常は親から子ヘ約2分の1の確率で遺伝しますから、親や姉妹などの中で乳がんが発病する可能性が高くなります。

最近の研究で、乳がん発病に強く関係する遺伝子が2つみつかっています。BRCA1とBRCA2です。これらの遺伝子は、もともと乳がんの増殖を抑える役割をしていますが、これに異常が起きるため乳がんが発病しやすくなります。

また、この遺伝子は卵巣がんの発病とも関係することがわかっています。BRCA1に異常をもっている人の割合は、欧米の一般女性を対象とした調査では1,000人に1.2人(0.12%)ぐらいとされています。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


家族性乳がんと遺伝性乳がん

一般に、家系の中に乳がんの人が複数いる場合を「家族性乳がん」と呼びます。家族は食生活などの生活環境を共有します。そのため遺伝的な原因がなくても、遺伝子に同じようなダメージが及び家系内に同じ病気を発病することがあります。

「家族性乳がん」の中でもともとの遺伝子に異常が認められるものを「遺伝性乳がん」と呼びます。なお、「家族性乳がん」の診断基準は、次の【1】あるいは【2】と定められています。

【1】親、子、兄弟姉妹の中に乳がんが最初にわかった人(「発端者」と呼びます)を含めて3人以上の乳がん患者さんがいる場合

【2】親、子、兄弟姉妹の中に発端者を含めて2人の乳がんの患者さんがいて、その2人のうちのどちらかが、次の①から③のどれかに該当する場合
①40歳未満で乳がんを発病している
②左右両側に乳がんを発病している
③乳がん以外のがんにもかかっている

実際に家系内に乳がん患者さんがいる場合、乳がん発病リスクは高くなります。具体的には親、子、兄弟姉妹に乳がんの患者さんがいる場合には、いない場合と比べて2倍以上リスクが高くなるといわれています。

世界中の多くの研究をまとめた検討では、親、子、兄弟姉妹の中に乳がん患者さんがいる女性は、いない女性に比べて2倍以上乳がんになりやすいことがわかりました。乳がんを発病した親戚の人数が多い場合には、さらにリスクは高くなります。

日本における研究でも同様の結果が得られています。また遺伝性乳がんの場合には、さらにリスクが高くなります。米国の研究では、BRCA1やBRCA2に変異がある人では、70歳までに8割ほどの確率で乳がんを発病することが明らかになっています。また、こうした遺伝子の変異は約2分の1の確率で子供に遺伝します。

いっぽう、家系内に乳がん以外のがん患者さんがいる場合はどうかというと、BRCA1やBRCA2は卵巣がんにも関係していますので、卵巣がんにかかった人が家系内にいる場合は、乳がん発病りスクが高くなる可能性があります。

しかし、それ以外のがんについては、乳がん発病リスクが高くなるとの報告はありません。

以上、乳がんについての解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん
-, ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.