いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

06.食道がん

食道がんのステージ1で行われる化学放射線療法

更新日:

kagakuhousyasen

食道がんのステージⅠ期の治療法は、内視鏡治療が最優先ですが、状態によっては「手術」、「化学放射線療法(抗がん剤+放射線)」が行われます。同じI期であってもがんの場所や進行状況に違いがあるからです。

具体的には明らかに内視鏡での治療が無理なケースは最初から手術、もしくは根治的化学放射線療法が選択されます。これまでは第一優先は手術でしたが、最近では化学放射線療法の効果が認められ、実施されることが増えてきました。

これは抗がん剤と放射線の両方を一緒に行うことで食道を温存でしようとするものです。治療成績は手術の方がわずかに優っていますが、ほとんど変わらないという結果がでています。

手術しかなかった食道がんⅠ期の治療でしたので、化学放射線療法は注目されている治療法です。それは、手術(胸腔鏡手術を含む)であれば食道を失い、胃を吊りあげたりすることで再建せざるをえませんが、化学放射線療法では食道を残すことができ、食道の機能を失わないからです。

ただし化学放射線療法には、まだ分からない点が残っています。それは"晩期障害"です。晩期障害とは放射線療法が終わった後、数か月から数年後に起こってくる副作用のことです。具体的には胸水がたまったり、照射したところに新たながん(2次がん)ができたりすることがあります。

長期のQOL(生活の質)を手術と比べたとき、本当に良いのかどうかはまだ分からないのです。胸水がたまって息苦しくなり、生活に制限がでてきたという患者も実際に存在するので、もう少し長期的に比較する必要があるといえます。

以上、食道がんの化学放射線療法についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-06.食道がん
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.