がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

12.甲状腺がん

甲状腺腫瘍・がんの検査と診断方法とは

更新日:

甲状腺腫瘍・がんの検査と診断方法

結節性甲状腺腫のしこりは、ほとんどの場合、良性の「腺腫」「腺腫様甲状腺腫」「嚢胞」のいずれかです。「悪性の甲状腺がん」は、結節性甲状腺腫全体の5%程度です。

このところ、集団検診(乳房検診や人間ドックなどで、頸部の超音波(エコー)検査が進み、甲状腺のしこりが発見される率が急速に上がっています。そこで、「要精密検査」と診断されて、甲状腺の専門病院や病院の内分泌科を受診する、というケースが増えています。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

腫瘍(しこり)が発見され、精密検査が必要といわれると、どうしても悪性のがんを心配し、不安に感じる人も多いようです。しかし、甲状腺腫瘍は大部分が良性のものですし、悪性の場合でも、甲状腺がんのほとんどは、おとなしいタイプのものです。

まずはどんな性質のしこりなのか、専門医の診断を受けることが大切です。

触診でわかる良性と悪性の違い

甲状腺は皮膚のすぐ下にあるため、腫瘍がある程度大きくなると、慣れた医師が触診するだけで、おおよその診断ができます。

一般的に良性腫瘍は表面がツルツルしていてやわらかく、指で触ると、くりくりと動きます。一方、がんはかたく、表面がデコボコとしており、周りの組織と癒着していますので、指で押してもよく動きません。

しかし例外もあり、良性か悪性かの判断は、触診だけでは難しいことも少なくありません。そこで次のような検査をします。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


超音波(エコー)検査

結節性甲状腺腫の場合、必要なのは超音波(エコー)検査です。これで、しこりの性質をくわしく知ることができますし、指で触れないような小さなしこりも映し出すことができます。

検査では最初に、しこりがあるかないか、ある場合には、しこりが1つか複数なのかを調べます。次に、しこりの形などをみます。しこりが整った形をしていて、しこりでない他の組織との境界もなめらかではっきり映るものは、良性腫瘍です。

逆に、しこりでない部分との境界が不明瞭でギザギザしているのは、がんのケースです。
がんのしこりは、中に石灰化したカルシウムの沈着を見ることもあります。超音波(エコー)検査では、しこりが良性か悪性かを、かなり正確に知ることができます。そのうえで、くわしい細胞検査が必要かどうかを判断します。

超音波(エコー)検査の優れている点は、X線を使わないですむこと、痛みがまったくないことなどです。繰り返し何回行っても、体に害がありません。

なお、甲状腺の超音波(エコー)検査には、専用の探触子(甲状腺を触るために超音波装置につける部品)と画像を見るために経験を積んだ専門医が必要です。

細胞のくわしい判定をする穿刺吸引細胞診

しこりに直接、注射針よりも細い針を刺して、注射器で吸引して細胞をとります。とった細胞は病理医が顕微鏡で調べ、良性か悪性かの判定をします。麻酔をしなくても十分に可能な方法で、安全なうえに、副作用はほとんどありません。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


超音波(エコー)下細胞診

しこりが小さくて、触ってもわからないような場合に、超音波(エコー)でしこりを確かめながら、細胞診の針を刺して吸引する検査です。しこりの中に細胞診の針が確実に入っていることがわかり、細胞採取にほとんど失敗がありません。2~3mmレベルの微小ながんも確実に診断できます。

その他の検査

結節性甲状腺腫の多くは、甲状腺の機能は正常です。しかし、しこりが甲状腺機能性結節(プランマー病(しこりが過剰に甲状腺ホルモンを産生する病気)など)のものかどうかを正確に知るために、血液検査で甲状腺ホルモンの濃度を測定することがあります。

また、手術をする場合は、その前にしこりの広がりをみるためにCT(コンピューター断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像診断)、血管造影、気管支ファイバースコープ、食道透視、食道ファイバースコープなどの検査が必要になることもあります。

以上、甲状腺腫瘍の検査法についての解説でした

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-12.甲状腺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.