09.子宮体がん

子宮体がんの化学療法(抗がん剤治療)の進め方と使われる薬

更新日:

子宮体がんの化学療法の進め方と使われる薬

子宮体がんにおいて抗がん剤などの薬を使う「化学療法」は、3種類の方法に分けられます。1つめが、手術前に行うもの。進行したがんを、手術や放射線療法が行える状態まで小さくするためのものです。

2つめが、再発予防のために手術後に行うもの。リンパ節に転移していたり、再発のリスクが高かったりする場合に行います。

3つめが、再発時に行うもの。再発したがんを小さくすることが目的です。

抗がん剤の投与のしかた

抗がん剤の投与のしかたには、3種類の方法があります。もっとも多く行われるのが「静脈内投与」。静脈内に抗がん剤を点滴し、全身に薬を行きわたらせる方法です。

動脈内に注射する「動脈内投与」は、特定の部位に高い濃度の薬を投与するための方法です。

複数の薬を組み合わせて行う

子宮体がんの化学療法では、数種類の抗がん剤を組み合わせて使うことがほとんどです。これを「多剤併用療法」と言い、臨床試験などによって、効果の高い組み合わせもわかっています。

化学療法では、投薬後、3~4週間おいてから次の投薬を行います。休薬期間が必要なのは、抗がん剤で傷ついた正常な細胞が回復するのを待つためです。投与回数は病状や化学療法の目的によって異なります。

子宮体がんの多剤併用療法

多剤併用療法は、使われる薬剤の名前(または商品名)の頭文字を組み合わせた名称で呼ばれている。

・TC(TJ):パクリタキセル、カルボプラチン

・TP:パクリタキセル、シスプラチン

・DP:ドセタキセル、シスプラチン

・IEP:イホスファミド、塩酸エピルビシン、シスプラチン

・AP:ドキソルビシン、シスプラチン

以上、子宮体がんの化学療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-09.子宮体がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.