がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

10.肝臓がん

肝臓がん放射線治療(定位照射・粒子線)の奏功率は?

更新日:

放射線定位照射

放射線治療はこれまで、肝臓がんの治療法としてはほとんど行われてきませんでした。また、治療を行った場合も、多くは肝動脈塞栓療法などの治療との併用でした。

そのため、放射線治療単独では、生存率や奏功率(治療が効果を発揮する割合)に関するまとまった資料はありません。ただし、粒子線治療や定位照射に関しては、病院ごとに生存率や奏功率を出しています。

1985年から肝臓がんに対して粒子線治療を行ってきた筑波大学の陽子線医学利用研究センターの報告によると、163人を治療した結果、照射後に腫瘍が増大しなかった割合(局所制御率)は、約85パーセントに達したとのことです。

しかしそれでも、5年生存率は約25パーセントにすぎません。この理由はおもに、肝細胞がん患者のほとんどが抱えている肝硬変が治療後にも進行して肝機能が低下することと、治療した場所以外から新しいがんが発生することが原因と考えられています。

実際、肝機能障害が軽い患者では、5年生存率は約45パーセントと高くなります。これは手術に匹敵する治療成績です。これらを総合すると、放射線治療そのものの効果はかなり高いと考えられます。

また、定位照射も症例数は少ないものの、2年生存率が40パーセントという報告もあります。スウェーデンの大きな病院では、肝臓がんや肺がんなどの胴体の腫瘍に対する定位照射の局所制御率は、95パーセントに達すると報告しています。

以上、肝臓がんの放射線治療についての解説でした。

私がサポートしている患者さんでも放射線治療を受けている方は多くいます。手術に比べてダメージが少ないですが、再発のリスクや後遺障害のデメリットもあります。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

本村ユウジ
あなたが、がんに勝てるように。お手伝いができます

お金、苦痛のない日常、人生、命。

大切なものを守るためには、絶対に欠かせない条件が「1つだけ」あります。

5分で読めるページです。答え合わせしませんか?

→ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「誰が本当のことを言っているのか分からない」

矛盾だらけのがん治療。

本当のことを知るために、書籍を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

医者には書けないガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読めば、「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

「もう耐えられない。告知される前の人生に戻りたい」 これは私が実際に聞いた、乳がん闘病中の女性の言葉です。 絶え間ない再発への不安。 苦痛をともなう手術、抗がん ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-10.肝臓がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.