05.肺がん

肺がんのCT検査とMRI検査で何を調べるのか

更新日:

肺がんのCT検査

肺がんでよく使われる胸部エックス線検査は、撮影した肺の影絵をみるようなものです。そしてその影から、医師は肺の異常を読みとります。

それに対して、CT(コンピュータ断層撮影)検査は、エックス線を一度に何本もあてて、肺を輪切りにしたときの状態を映し出すことができます。その結果、胸部エックス線検査よりもはっきりとした画像で、肺の異常の診断をおこなうことができます。

CT検査で撮った写真は仰向きに寝て、それを足元のほうからみた形で撮影されています。

CT検査で分かること

CT検査では、がんが肺のどの部分にあるのか、どのくらい広がっているのかなどの確認に役立ちます。実際、医療機関によっては検診で使われることもあります。

しかし、CT検査だけで、確定診断にはいたりません。肺がんの確定診断をおこなうためには、やはり生検などで採取した細胞やその組織状態を確認する必要があります。

これまでのCTは、1回にひとつの横断面しかスキャンすることができませんでした。しかし、新たに開発された「ヘリカルCT」では、3次元的に連続して撮影することが可能となりました。その結果、これまでよりもずっと速く、そしてより詳しい、画像が撮れるようになりました。

ちなみに、「ヘリカル」とは「らせん」という意味です。からだの表面をらせん状にスキャンしていくために、そのように呼ばれます。

肺がんの周囲の状態を確認するMRI

MRI検査はエックス線やCTとはしくみが異なり、磁場を利用してからだのなかを観察します。MRI検査では、がん病変の周囲との関係性や拡がりを確認することができます。

ただ、肺がんの場合はCT検査のほうが有用な情報を多く得られるため、MRI検査が必ずおこなわれるわけではありません。MRI検査は肺がん病変の観察よりも、転移、とくに脳転移の検査で役立ちます。

以上、肺がんの検査方法についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.