10.肝臓がん

肝臓がんエタノール注入療法の副作用とは

更新日:

肝臓がん

エタノール注入療法のおもな副作用は、発熱と痛みです。そのほか、肝臓の機能の低下、胆管閉塞、出血、肝膿瘍などの可能性もあります。

痛み

ほとんどの場合、エタノールを注入したときと針を抜くときに、強い痛みを感じます。とりわけ肝臓の表面や横隔膜、腹膜などにエタノールがもれ出したときには、激痛を感じます。

痛みは腹部に感じることがふつうですが、治療した場所によっては、右肩や腕などにも痛みが広がることがあります。この痛みはたいていはすぐにおさまりますが、エタノールが肝臓の表面などにもれ出したときなどには、痛みが続くことが少なくありません。このような場合は、鎮痛薬を投与して痛みを和らげます。

発熱

治療の翌日、約半数が37~38度Cの熱を出します。熱がそれ以上に上がったときには、解熱剤を投与することもあります。

肝臓の機能の低下

治療後、肝臓の機能が低下することがあります。これまでの報告で、この機能の低下は一時的なもので、まもなく回復することがわかっています。

また、肝臓の門脈にエタノールが流入し、そのために血液が固まって血栓ができることがあります。その結果、肝臓の一部が壊死し、肝臓の機能が低下することがあります。門脈の血栓はとくに治療しなくても自然に治ることが多いので、通常はしばらく経過を観察します。肝機能が低下したときには、治療を数日~1週間ほど休み、機能が回復するのを待ちます。

急性アルコール中毒

アルコールに弱い人は、治療後、酔ったような状態になることがあります。ひどいときには急性アルコール中毒に陥ります。このような場合には、輸液(点滴による水分の補給)などを行って治療します。

出血

エタノール注入療法は、出血の危険が比較的少ない治療法です。というのも、肝臓に針を刺すとはいえ、エタノールには血液の凝固作用があるため、エタノールを注入した部分からは出血しないからです。

しかし、肝臓まで針を通す際に、腸や大網(胃から腸をおおう脂肪の網)を突き刺すと、腹の中に大量に出血するおそれがあります。医師は、あらかじめ針を通すルートを確認しているため、このようなことはめったに起こりません。万一、出血が起こった場合には、血液凝固剤などを投与して、出血を止める処置をします。

胆管閉塞

治療後、まれに胆管が狭くなったりふさがったりして、黄疸の症状が出ることがあります。胆管炎になることもあります。これは、エタノールが胆管の中に流れ込み、胆汁を固まらせるためです。エタノールによって壊死した肝臓の組織が、胆管を詰まらせることもあります。

経過を見て、黄疸が消失しないようなら、胆汁を針で吸いとる、胆管のふさがった部分を押し広げるなどの処置を行います。

肝膿瘍

治療後、肝臓に膿瘍ができることがあります。これは、エタノールによって壊死した肝臓の組織が化膿し、膿や組織からにじみ出た液がたまっている状態のことです。エタノールには殺菌作用があるため、膿瘍ができるのはまれです。

しかし、高熱や白血球の増加から膿瘍が疑われるときには、抗生物質を投与します。膿瘍が確認されれば、針を刺して膿を吸いとる方法で治療することもあります。

以上、肝臓がんのエタノール注入療法についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-10.肝臓がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.