10.肝臓がん

肝臓がんの手術に要する入院日数と手術の合併症

更新日:

肝臓の区域

肝臓の区域

肝臓がんの外科治療(肝切除)では、切除する範囲によってそれぞれ手術名がつけられています。肝臓は、血管の枝分かれに合わせて8つの「亜区域」に分けられます。しかし、もっとおおまかには、右葉と左葉をそれぞれ2つに分け、4つの「区域」として扱います。

切除した範囲、区域によって肝臓へのダメージは異なりますが、一般的な手術~入院に要する日数や術後の注意点は以下のとおりです。

手術後の管理

現在では、肝切除手術から退院までの平均入院日数は2週間以内であり、多くの場合は、10日前後で退院できます。手術直後しばらくは、患者の状態により、集中治療室(ICU)に入ったり、回復室で治療を受けます。この間に、おもに水分管理を中心とした治療が行われます。

この期間中は、糖に関する機能を積極的にコントロールするため、インスリンを投与したり、消化性潰瘍予防薬を投与するなどの処置も行われます。抗生物質、ステロイドホルモンも使用されます。

これらの処置は、手術後5日間ほど続けられます。しかし、通常は手術の翌日からベッドで起き上がれるようになり、早ければその日にはベッド脇に立てるようになります。

近年は麻酔技術や鎮痛薬が進歩したため、かつてのように、手術後は激しい痛みのために動くことができないということはありません。3日間程度で痛みはかなり和らぎ、順調なら手術後3~4日間で通常の病室に戻ることができます。

この時期にはまだ、患者の腹部にはドレーンと呼ばれるチューブが入っています。これは、切除部分からもれ出す液体が腹部にたまるのを防ぐためですが、これも手術後1~2週間で抜き取ることができます。

手術後の合併症

肝切除にともなうもっとも危険な合併症は、肝臓の機能が足りなくなる肝不全です。かつては、手術後に肝不全を発症して、そのまま死亡することが少なくありませんでした。

現在では、手術前の肝臓の機能の評価を正確に行えるようになっているため、手術後の肝不全による死亡率は、全国平均で2パーセント、専門施設の場合は1パーセント以下と報告されています。

このほかにも、手術後の合併症として、後出血(ドレーンからの出血が止まらない)、胆汁漏(肝臓の切除部分から胆汁がもれてドレーンから流れ出る)などがあります。しかし、これらは入院期間内に確認できるため、何か起きれば対処されます。

肝臓がん手術後の再発率

肝細胞がんの切除後の3年再発率は60パーセントに達します。そのため患者は退院後も、肝機能や腫瘍マーカーの測定、超音波診断などのため、3カ月に1回程度の外来通院を行って観察を続けます。

以上、肝臓がんの手術についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-10.肝臓がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.