06.食道がん

食道がんの再発率と再発時の治療法

更新日:

食道がんの再発率と再発時の治療法

食道がんは手術などの治療が功を奏して、1度は治ったと思っても再びがんが現れることがあります。治療の際に残存したり、目に見えない小さながんが複数存在したりしたことなどが考えられます。

食道がんが再発すると、治療はかなり難しくなります。再発が見つかったときは、がんが食道以外の臓器や器官に転移していることが多いためです。

そのため再発の治療は、根治を目指すというより、がんがさらに広がるのを防ぐことや、がんによって起こる生活上の支障を、できるだけ少なくすることなどが治療の目的になります。治療法の選択は、患者さんの状況に応じてさまざまです。

食道がん再発の確率(再発率)

最初の治療で根治を目指した手術を受けた場合、食道がんの再発率は28~47%(すべての病期における)です。他のがんと比べてのかなり高いのが現状。起きやすいのは次にあげる「再発」ですが複数の再発が同時に起きることもあります。

・残った食道、リンパ節への再発(再発率22~68%)
リンパ節に再発する場合は、頸部周囲や胸腔の上部、腹部などによくみられます。また、切除せず残した食道に再発がみられることもあります。

・肺、肝臓、骨などへの遠隔臓器再発(再発率12~51%)
食道から遠い部位の臓器に転移する場合よくみられるのが、多い順に肺、肝臓、骨、脳への転移です。小腸や結腸など腸部分へのの転移は少ないです。

・上記の再発が複合しておきる再発(再発率7~27%)
リンパ節または残った食道と、遠い臓器への転移がいくつか同時に起こっているケースも珍しくありません。

食道がん再発時の治療法

再発した場合はそれぞれのケースによって異なりますが、主に次のような治療法が用いられます。

・リンパ節、食道への再発の場合「手術または化学療法、放射線治療」

頸部のリンパ節に転移があるときは、手術が適応されることがあります。その他の単独で起こるリンパ節転移も、手術が適応されることがあります。転移が複数ある場合は、手術での切除が困難なため、抗がん剤による治療か、放射線治療が選択されます。

・遠隔臓器再発の場合「化学療法。まれに手術」

遠隔転移している場合は、全身に転移が広がっている可能性もあるため、抗がん剤によって全身のがんを抑えることが中心となります。肺へ単独で転移した場合は、手術療法がおこなわれることがありますが、多くは複数転移や多発転移のため、手術対象にはなりません。

以上、食道がんに関する解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-06.食道がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.