がん治療専門アドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」

無料でガイドブック(小冊子)をプレゼント

01.サポート会員の声(個別)

濾胞性リンパ腫がん・千葉さん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0155

本村ユウジさま

少し間が開いてしまいました。大阪の千葉です。

先日はアドバイスありがとうございました。家族とも話し合い9月にハワイに行くことにしました。こんな時期に、こんな決定をするなんて今までなかったことです。

また、仕事に関しては上司とも話し合い、今までよりは少し短い時間で20時をめどに退社することで進めています。仕事上少し遅くなることは仕方ないと思っていますし、20時程度であれば、自分としても負担ではないと考えたからです。

状況を見ながら判断をしてゆきたいと思いますが、直近の様子では大丈夫だと思います。
何とか日常が戻って着ました。仕事も通常の流れになりましたし、すごくちかくに玄米食を出してくれる店をみつけて、常連になりました。朝は昔習っていた呼吸法と○○です。病気を知ったときには触れることもなかったギターも再開し、休みには寄席やフットボールの試合を見に行っています。なんだか以前より、日常が充実した感じになってきました。アドバイスや、いただいた資料が参考になりました、ありがとうございます。

先日病院に定期検査に行ってきました。リンパ腫の場所ですが、

首の中の左右
鎖骨上か左右
腋下リンパ節左右
気管前リンパ節
肝門部 水頭部周囲 腸間膜リンパ節
傍大動脈から左右腸骨領域
骨盤、胸骨、脊椎に軽度の異常集積があり

という内容でした。何か多いなあと思いましたが、医師に言わせると、見つかるときはこれくらいは発生していることが多いようです。血液検査の結果は、大きな変化はないようです。数値的にはCRPは少し下がってきています。SIL2Rはまだ検査中ですが、前々回から前回ではほんの少し下がっています。

少し広がりがあるようですが、負けないようにがんばってゆきたいと思います。また、何か質問があるときにはメールさせていただきます。

引き続きよろしくお願いします。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、がん治療専門アドバイザーが語る、

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.