06.食道がん

永久気管孔とは

更新日:

がん専門のアドバイザー、本村です。

この記事では「永久気管孔(えいきゅうきかんこう)」について解説します。

永久気管孔

永久気管孔の基礎知識

人間が呼吸をするとき、空気は鼻または口から入り、咽頭、喉頭、気管、気管支を通って肺に運ばれます。また、食事をするときは食べものや飲みものが口から入り、咽頭、食道を通って胃へと運ばれます。

呼吸による空気の入り口と、食事による食べものの入り口の2つの入り口の部分がのど(咽頭と喉頭)です。のどのうち空気の通り道としての喉頭には、呼吸をする最初の通り道であると同時に声帯を震わせて声を出す働きと、食事のときに食べものや飲みものが気管に入らないようにする働きがあります。

手術で喉頭を切除した場合には、新しく呼吸のための出入り口をつくらなければ呼吸ができなくなり、また、そのままでは食べものや飲みものが口から入ると、気管に誤嚥(誤って飲み込むこと)してしまいます。

そのために、気管を前のほうに出して首の皮膚に縫いつけて、呼吸をする入り口をつくり、食事の通り道と分けてしまいます。この呼吸のためにあけた穴を「永久気管孔」といいます。この穴は、一生ふさがらないようになっています。

永久気管孔をつくれば喉頭を切除したあとでも、呼吸ができ、食事も摂取できるようになります。しかし、声帯もなくなるため、従来の発声ができなくなります。

永久気管孔の管理

永久気管孔の管理について注意すべき点は、まず、鼻や口から息を吸ったり吐いたりができなくなるため、匂いをかいだり、食べものや飲みものをすすることができなくなります。匂いがわかりづらくなるので刺激物などの摂取には、くれぐれも注意が必要です。

また、気管孔からは、ほこりや冷気、乾燥した空気などが、直接肺に入り込むため、ガーゼやマスク、市販のエプロンなどで穴を保護するようにします。

気管孔がふさがれると、息ができなくなりますから、水泳や入浴時に首までつかることはできません。ただ、多少水が入っても、穴から咳や痰は出るので、それほど神経質になる必要はないといえます。

永久気管孔後の発声法

残念ながら、声帯がなくなると声は出せなくなりますが、いろいろな発声法で代用することができます。その方法として、「食道発声法」と「電気発声法」などがあります。

・食道発声法

口や鼻から空気を食道に入れ、それを吐き出して発声する方法です。道具の必要もなく、大変便利です。この方法を習得すると嗅覚(匂いに対する感覚)も戻り、すすり込みや鼻をかんだりできるようにもなります。習得するまでには多少の時間を要しますが、一般的には、約2週間で第一声が出せるようになります。日常会話の習得には、3~6か月かかるようです。

食道発声法は、1人で習得するのは難しいので、全国にある発声教室で練習するのが一般的です。

・電気発声法

エレクトロラリンクス、ネオボックス、ゼルボックスなどの人工発声装置がよく使われます。小さな電気カミソリのような器械をのどの皮膚にあてて、電気で振動させながら、口を動かして声を出す方法です。マイクが振動を発し、その振動がのどと口を通ることで、声をつくります。

特別な訓練は必要なく、練習すれば誰にでも比較的簡単に習得できます。ただ、片手で器械を持たなければならないので、どうしても不自由さがつきまといます。また、電子的な声になります。

器械は高価なものなのですが、身体障害者に認定されると補助金が出ます。器械の購入方法は病院で尋ねてみましょう。

なお喉頭全摘術を受けられた人は、身体障害者障害程度等級の3級に認定されます。住んでいる市町村役場の福祉係の窓口で、手続きの方法や申請できる条件、優遇措置の内容などを聞きましょう。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-06.食道がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.