01.サポート会員の声(個別)

胃がん・青木さん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0007

11月に貴殿の名著「がんを治す生き方」を購読した青木と申します。

毎日貴殿から送られてくる「配信メール」を拝読しています。
大変参考になり、助かっています。
しかし、今回が最後のメールということで、残念です。
何か参考になるお話がありましたら、またメールをよろしくお願いいたします。

貴殿に巡り合えてとても良かったと痛感しています。
「がんを治す生き方」を読んで、とても参考になりました。
これで私も少しは長く生きられるかなと大変勇気づけられました。

レポートに従い、野菜中心の食事に加え、○○○○、○○○○、
○○○○、○○○○を飲むようにしました。

また考え方を変えるようにし、生活スタイルも改善しつつあります。

現在、肝臓への転移1か所と腹膜への転移が確認されています。
次回のCT検査は2月末の予定です。どのような検査結果が出るのか
心配していますが、死への覚悟は決めましたので、
たとえ悪化しているという内容でも、動揺せずに受け入れられると思っています。

しかし、あきらめてはいません。教えに従い最大限の努力をしていくつもりです。

この先どうなるか分かりませんが、生きている限り、
毎日楽しく充実した日を過ごせるよう努めていく所存です。

引き続きご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

青木

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.