いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

01.サポート会員の声(個別)

肺腺がん(ALK陽性 腎臓転移ステージ4)木崎さん|患者さんの声

投稿日:

本村ユウジ様

はじめまして。木崎と申します。東京都在住です。

私は2012年の6月に、健康診断のX線で右肺に腺がんがみつかり、武蔵野赤十字病院で8月に上葉部を胸腔鏡手術で切除しました。

術後の経過は良く、大きさ17㎜、ステージ1Aリンパ転移なしでしたが脈管侵襲があり、10月に補助療法として、カルボプラチン(点滴)とTS-1(経口)による科学療法を4クールしました。

その後は何もせず経過を見ていましたが、2014年5月に右腎臓に30㎜の腫瘍ができました。

生検の結果、肺の腺がんの転移と診断、私はALK遺伝子がんだったので、9月にザーコリという分子標的薬による治療を開始しました。

ところが服用後3週間目に薬物性の肝炎を引き起こし、治療を中断しました。

後にわかったのですが、原因は、副作用の整腸を助けるために一緒に飲んでいた漢方薬ツムラの30番と17番のどちらかでした。(どちらか忘れました。結果の用紙を手繰ればわかるかもですが)

ザーコリはやめて、9月に認可がおりたばかりのアレセンサというやはり分子標的薬に11月に切り替え現在に至ります。

2月の健診で腫瘍は小さくならず、むしろ大きくなっているのでは、と耐性がついたとの見解で現在点滴による従来の化学療法を勧められています。(シスプラチン、アリムタ、アバスチン)

見つかったときは30㎜だった腫瘍は、治療開始までの時間もかかり、肝炎で治療を中断したりで、現在は50㎜弱まで成長しています

結論が出るまでつなぎで未だに効き目の落ちたアレセンサを服用しています。

アレセンサは病院で第一号の使用者だったので、お医者さんたちの期待も大きかったのだと思います。

ザーコリよりも耐性も長いと聞いていたので、私もショックでしたが、先生方もがっかりだったのでしょう。

主治医は若い先生で、患者の気持ちには寄り添ってはくれず、CTの画像を前に、気になる箇所や、大きさなどを次々挙げ、不安はより一層増すばかり。

その不安を訴えても、「悪いところを見つけるのが僕らの仕事だから」と、緩和ケアの先生に回されてしまいました。

緩和ケアの先生にお話しできたことはとてもよかったのですが、主治医との信頼関係は完全に崩れました。

日赤は、この程度の理由では主治医を変えることはしない方針なので、気に入らなかったら他に移って下さいという感じです。

家から近く、家族も負担が軽くなるので病院を変えるつもりはなかったのですが、今後の治療が不安です。

セカンドオピニオンも考えていて、保険会社のサービスで紹介会社を仲介してもらい、昭和大学病院に受診するための準備中です。

(準備を始めてから「5つのルール」を読んだので、良かったのかな…とちょっと思いますが)

原因が漢方なら、ザーコリをもう一度試せないかと聞きましたが、可能性が0でない限り、ザーコリは考えていないとのこと。

何より、一番納得いかないのが、

現在具合の悪いところがほとんどないのに、抗がん剤を点滴して、この先具合が悪くなることです。

腫瘍マーカーや、血液、尿検査でも、明らかにがんを示す数値はどこにも出ていないのです。(脈管侵襲に関しては、当時の執刀外科医ががなり慎重にと検査を依頼した結果でたのだそうです。)

CTでしか明白に出ていることはないのです。

肺がんといっても、今に至るまで、一度も痰や咳も出たことがなく、痛いとか苦しいとかの思いもしたことがありません。

手術後は、さすがに痛いし息苦しいこともありましたが、今は日常生活に何も支障はありません。

本村様の「5つのルール」を読んで、私のがんは、一番侵襲して転移しやすいタイプのがんだったのだと思いました。

だからラッキーにもステージ1Aで見つかったのに、普通は、この大きさのがんなら再発率は5%なのに、再発もしてしまったのだな、とこれまで「なんで?なんで?」と思っていたことが解かったような気がしました。

点滴による科学療法は最善の治療なのでしょうか?

そして、その治療により明らかに今より具合が悪くなることは、仕方がないことなのでしょうか?他に選択できる治療法はあるのでしょうか。

ダウンロードした「がんを治す生き方」参考にしたいと思います。

どうぞお力をお貸しください。

木崎

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.