いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

01.サポート会員の声(個別)

乳がん(ステージ2)山本さん|患者さんの声

投稿日:

本村 ユウジ様

こんにちは!今日も寒いですね~

ガンに関する資料をダウンロードさせて頂いた者です

昨年、5月連休頃から妹の乳がんがわかり東京の大学病院にかかっていたのですが検査結果がいつもグレーゾーンではっきりしませんでした。

胸の痛みも出て一人暮らしの不安感もあって「自分は癌の末期に違いない」と思い込み「ホスピスを捜してちょうだい」とぼんやりした状態が続き食欲もなくなり夏には激やせ、脱水症で救急車で運ばれました。

私は神奈川県在住なので近くの市立病院で検 査を一からやり直しました。

本人はアトピー性皮膚炎もあり心身共に病んでいました

担当の乳腺外科の先生がとても良い先生で皮膚科、精神科とタッグを組んで妹の説得、治療にゆっくり時間をかけて真剣に向き合って下さいました。

検査の結果、珍しいタイプの痛みに出る乳がんでホルモン剤に反応すると結果が出ました。しかし、3カ所くらいあるので温存療法は難しく乳房全摘出術と言われました。二週間程、よく考えた結果、手術に踏み切りました。

入院中も弾性ストッキングが閉まり過ぎたり薬が合わず痒みや湿疹が出たりと病院の皆さんには本当にご迷惑をおかけしましたが何とか無事に退院、その後、ホルモン剤も併用して試しましたがアトピー症状が出て結局、手術だけで終わりました。

12月に実家に送り届け今では介護保険を申請して援助を受けながらも元気に過ごしております。

ここまで来れたのも資料を二人でよく読みながら結局は自分の体質に合った選択、自分自身でよく考え納得して進めていかなければならないと教えて頂いたからだと思っております。

人任せ、病院任せはではダメですね。

結局は自分自身で選択して決めていかなければならないと強く感じました。

いろいろ本当にありがとうございました。感謝感謝です

ホッとしている姉より

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.