いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

01.サポート会員の声(個別)

肺がん(ステージ4 腎臓転移)橋ヶ谷さん|患者さんの声

更新日:

本村様

さっそくメールをいただきありがとうございました。よくわかりました。

月曜日に県立総合病院へ行きます。痛みの原因、転移巣が痛みを発しているか否かを調べてもらいます。

抗がん剤を拒否した県立総合病院へ再度行くのも二の足を踏んでいました。またどのように話を展開していけばいいのか悩んでいました。

ありがとうございました。

また連絡させていただきます、サポートを感謝しています。

橋ヶ谷

【続き】

励ましのメールありがとうございました。 少々不安な送信情況ですが、報告します。

入院して3週間になりました。放射線治療は昨日終了、この治療の効果は1か月後と言われました。

平行してMSツワイスロン、ロキソ、リリカを定期的にふくようしています。急な痛みの場合はオプソ内服液を飲みますが、驚くほど効きません。痛みはだいぶ楽にはなったのですが、もう少し時間がかかりそうです。

医師からは、抗がん剤をやらないか、と話があります。弱い抗がん剤を考えたいと伝えますが、なかなか私の真意が理解してもらえません。

弱い抗がん剤、そして温熱療法の食事療法が、私の希望なのですが。

昨年、入院時にPETをやりました。そろそろ一年経つのでやりたい、と主治医に言ったら、その必要はない、と。 なぜ?と聞いても、同じ答です。

半分以上、愚痴や不平ばかりをご容赦ください。携帯からのメールもごめんなさい

静岡県 橋ヶ谷

【続き】

本村さま

ご助言に感謝です。MRI 、CT の請求を教えていただいたように、医師にゆっくり丁寧にお願いしました。すると、「自分自身を知ることは大切ですね」と。

今日、CTを行いました。明日にMRI を予定しています。教えていただいた医師の考え方とコミュニケーションの仕方がわかりました。ありがとうございました。

抗がん剤も始めました。弱いものをとお願いしました。 抗がん剤は、ドセタキセル、3週間に一回点滴です。

腰痛の飲み薬は今まで通りに服用していきます。

気になるのが体重減少です。

腰痛になる前は、64kg。腰痛で食べれず61kg で入院。現在 58.7 kg

今後の体重減少によっては抗がん剤 をストップしようかと思っています。気にしない方がいいのでしょうか?

抗がん剤の状態は血液検査で判断し、問題がなければ退院し、外来となります。スムースにいけばいいのですが。

医師とのコミュニケーション、ありがとうございました。

CT画像は、県内で温熱療法を行っている病院に送付し、抗がん剤治療、食事療法の治療をしたい、と考えています。

ありがとうございました。

静岡県 橋ヶ谷

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.