01.サポート会員の声(個別)

食道がん(ステージ1 重粒子線がん治療実施)田嶋さん|患者さんの声

投稿日:

本村様

いろいろお世話になっています。食道がんの診断の件で、ご相談いただいている田嶋です。

昨日、粒子線がん相談クリニックから紹介された千葉大学附属病院、食道・胃腸外科の医師の診察を受けました。

重粒子線がん治療を受けるには、癌のレベルがT1bでとどまっているかさらに検査が必要だということで、1月29日(木)に、造影剤CTと内視鏡検査をし、2月3日(火)に、X線バリウム検査をした後、担当医の松原医師の診察を受けることになっています。

また、昨日は血液検査、心電図、レントゲン、肺活量、尿検査など諸々の検査をした後、入院手続きやリハビリ手続までやり、少々疲れました。

大学病院は、負のオーラがいっぱいで、精神的にも少し落ち込みました。

2月10日(火)までに入院手続きができないと、重粒子線治療は機器のメンテナンスのため、手術を行うことができなくなってしまうので、焦ってもいます。

また、12月1日の人間ドックで癌が見つかってから、CT検査や内視鏡検査、PET検査など、様々な検査を受けているうち、時間ばかりが経過して、この間に、癌が進行しないか不安もあります。

でも、本村様からアドバイスされた〇〇を毎日欠かさず飲み、食生活を改めて、癌の進行を食い止めようと頑張るつもりです。

本村様には、いつも親身になって貴重な情報を教えていただき、心から感謝しています。
ありがとうございます。

田嶋

【続き】

本村様

以前、食道がんでご相談させていただいた田嶋です。先週末、治療を受けていた重粒子医科学センター病院を退院しました。

食道癌に対しては、重粒子線治療はまだ治験レベルで、私のようなT1bの患者だけを
受け入れている状況です。患者は前立腺がんが多く半数を占めていました。治療結果もいいようです。

12回にわたる重粒子線照射後は、胃液が絶えずこみ上げる感じがしてほとんど眠れず
また、水を飲むのも辛い状態でしたが、ここにきて痛みも少しやわらいできました。

ただ、食べ物の飲み込みにくさや腹部の不快感や軽い嘔吐感がまだあり、食前にアルロイドG液を、朝食後にタケプロンOD錠とプロマック顆粒などを服用しています。

今後は、1か月後に内視鏡検査、3か月後にヨード液を使った検査を受けた後、年3~4回の内視鏡検査を継続することになっています。

退院後しばらくは、〇〇ものどに沁みて飲めませんでしたが、2日前からようやく飲めるようになりました。

これからは無理をせず、健康に留意していきたいと思っていますが、日常生活を送るに当たって、何かアドバイス等があればご教示ください。

ところで、食道癌が見つかった直後は大きな不安を感じていましたが、本村さんの「がんを治す生き方」や的確なアドバイスのおかげで、何とか乗り越えることができました。

本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

田嶋

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, , ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.