いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

01.サポート会員の声(個別)

膵臓がん(肝臓転移あり)玉崎さん|患者さんの声

投稿日:

ご無沙汰致して居ります。

弟は、淀川キリスト教病院を、10月2日の受診の際に、抗がん剤の効果無しと判定され、抗がん剤の投与が正式に中止されました。少し縮んでいた膵臓癌もスクスク育ち、6センチまで来ました。

痛みが酷くなり、麻薬が増えた為に、酷い便秘に悩まされる様になりました。10月はそれでも何とかやり過ごせましたが、11月に入ると、下剤も浣腸も効かなくなり、腸が動くだけで激痛がして、腹が張り食べられなくなり、のたうち回るようになりました。

10月下旬、神戸低侵襲がん医療センターを受診し、サイバーナイフを希望しましたが、大き過ぎて適用外でした。ただ、ツゥール.ビームと言う放射線は、当てて頂ける事になり、3週間待機してやっと、11月28日に入院し、その日から便秘のコントロールと照射が開始になりました。

薬も色々変更してくださり、30日迄はのたうち回っていましたが、1日の深夜から、大量の排便が見られるようになり、今は麻薬の種類や量も変更しながら、照射とリハビリを並行しています。

麻薬の量を少しでも減らし、毒出しをする為です。〇〇も自ら飲んでいます。

確かに癌は大きくなっていましたが、CTで見る限り、あちこちに広がりもせず、マーカーはかなり上昇していましたが、臓器はしっかりしていて、薬にも負けて居ませんでした。
本人も便秘の辛さを痛いほど知り、意識が変わって来ました。痩せていましたが、半月で1キロ太りました。

普通なら、もう死んでいますね(笑)痛みが段々止まりにくくなる中、毒出しするしかない!と、本人も考えを広げてくれています。

サポートを受けて、本当に良かったです。

もう、西洋医学は役に立たないので、色々吹っ切れた事でしょう。リハビリの先生に「君は気がツボから溢れている!ツボの方が呼んでいる!」と言われ、身体が治そうとしている事を知らされました。

最悪の状態に進んでいる面は有りますが、仕方ないから通っているだけで、結果として良い方に進んでいると感じます。厳しい事には、変わりありません。ですが、諦めずコツコツ進みます。

神戸低侵襲がん医療センターは、のんびりした感じの病院ですが、医師もナースも薬剤師も、リハビリの人も熱心で、少しでも改善しよう!との姿勢が、患者や家族にも伝わって来る良い病院です。もしも、行きたい方がいらっしゃれば、是非受診をお勧めします。

ようやく、スタートだと思います。これからも、宜しくお願い致します。

【続き】

アドバイス、ありがとうございました。早速、手配します。

痛みの中に有っても、希望は持っていて欲しいと思います。周りの過剰な期待は、本人が辛いだろうし、難しい点では有りますが、暗くなっても良くはならないので、私だけは前向きに接して行きます。

元気が戻って来ました!

今!を大切に過ごして行きます。

寒いので、本村さんも、どうぞご自愛下さい。これからも、沢山の方々を救って下さい。

とても、頼りにしております。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.